査定したサロペットの商品

『サロペット』とは、胸当てとつり紐が付いたスカートのことで、オーバーオールのフランス語としてサロペットと呼ばれています。サロペットは、その体型から男女の区別はないものと見なされていますが、背後のシルエットによりクロス式は女性向き、ハイバック式は男性向きとされています。最近ではデニムのタイプだけではなく様々なデザインが登場し、サテンやパイルなど柔らかい素材を使ったものも提案されています。

サロペットの買取(査定)商品一覧

1     |     2     |     3     

このデザインの人気ブランド

英字orかな
取扱ブランドを探す  

TOPへ戻る

サロペットの歴史

サロペットが誕生したのは、アメリカの開拓時代である1860年~1890年頃、ゴールドラッシュに沸いていた時の作業員からの要望により、テントに使用されていた生地で原形が作られました。この頃はまだサロペットではなく、オーバーオールと言われていたようです。
基本は、デニム生地やキャンパス地で作られ、作業をする時に服の前側が汚れないよう覆うための作業ズボンとして活躍していたそうです。
カーボーイなどがジーンズと共に作業着として着ていた事もあり、デニム地でおしゃれなデザインも様々出てきたようです。
サロペットは肩ひもがクロスしていますが、オーバーオールはまっすぐと平行になっています。
また、よりファッション性を高めたものがサロペットになったと考えられています。
2006年に人気が再発し、より生地が薄くなり女性らしさを増したものに変わりました。
この頃から、女性のファッションアイテムの一つとして定着しており、今では大人が着れる落ち着いたデザインのものや、生地に麻を使った涼しく来られるものなど、バリエーションも豊かになっています。昔ながらのデザインも人気があり、今でも愛されているファッションの一つです。