査定したアロハシャツの商品

『アロハシャツ 』とは、トロピカルなモチーフや、金魚、虎などのオリエンタルなモチーフを華やかでカラフルな色彩で染め上げた開襟シャツのことを指します。元々はハワイ諸島の人々やハワイを訪れる観光客によって愛用されたシャツです。日本でも夏のスタイルに取り入れられ、リゾートウェアやホームウェア以外にも一部の若者の間ではタウンウェアとしても人気です。

アロハシャツの買取(査定)商品一覧

このデザインの人気ブランド

英字orかな
取扱ブランドを探す  

TOPへ戻る

アロハシャツの歴史

19世紀おわりから20世紀のはじめに、夢を求めてたくさんの日本人がハワイに移り住みました。その当時、ハワイの農園で労働者たちが着ていた作業着が「パラカ」というシャツでした。
パラカは、イギリスのクック船長率いるヨーロッパの船員たちが着ていた上着が、その起源と言われています。木綿の生地で作られた青いチェックの開襟シャツは、日本の絣(かすり)に通ずるそのデザインから、多くの日本人移住者から愛され、着用されたそうです。このパラカシャツが、いまも愛されるアロハシャツの元になったと言われています。