査定したカモフラの商品

『カモフラ』とは,偽装や迷彩という意味で、ファッションでは迷彩柄を指すことが多いです。複数の色によるパターンを描いたものを「分割迷彩」、単一の色で塗り込めてパターンを持たないものを「単色迷彩」と呼びます。1960年代には迷彩服を普段着として着用することが一般的になっていき、反戦のシンボルとしても着用していました。1970年代に入ると、迷彩柄は反戦のシンボルというよりも若々しさや反規律や反秩序を象徴するデザインとして受け入れられ、衣装やスポーツのユニフォームなどにも取り入れられるようになりました。

カモフラの買取(査定)商品一覧

1     |     2     

このデザインの人気ブランド

英字orかな
取扱ブランドを探す  

TOPへ戻る

カモフラの歴史

カモフラ(迷彩)は、1914年のフランスの軍用車両に施された迷彩柄がはじまりとされています。
ドイツ軍進攻までの期間、パリのファッションデザイナーがその車両をみて、迷彩柄を婦人服のデザインに入れたのが起源です。実は戦闘服や軍服よりも市民のファッションに先に取り入れられていたのです。
特に1960年代以降は、先の戦争に対するアンチテーゼのたとえとして、多くのアーティストが自らの作品に迷彩を取り入れ始めました。その後迷彩柄はあらゆるブランドから採用され、今ではストリートファッション、ミリタリー・アメカジの定番になりつつあります。
ちなみにカモフラ柄は、モードシーンにおいても大事な要素で、ルイヴィトンだけでなく、フェンディ、ドルガバ、プラダ、トラサルディ、コムデギャルソングループ、ジョンガリアーノ、アニエスベー、クロムハーツ、ルシアンペラフィネ、ディースクエアード、グッチ、ズッカなどもカモフラ柄のプロダクトを販売しています。最新では、2017年にヴァレンチノがカモフラ柄を採用し注目を浴びました。