査定したオックスフォードシューズの商品

『オックスフォードシューズ』とは、靴の基本型のひとつであり、はと目を通して紐で結ぶ短靴の総称となっていて、様々な靴に採用されています。名前の由来は、イギリスのオックスフォード大学の学生たちが1600年代から、ブーツをやめて丈の低い短靴を履くのが流行になり、この名前が生まれました。

オックスフォードシューズの買取(査定)商品一覧

1     |     2     |     3     

このデザインの人気ブランド

英字orかな
取扱ブランドを探す  

TOPへ戻る

オックスフォードシューズの歴史

17世紀後半にオックスフォードの学生達がブーツ型の靴を短靴にして紐を通して履いたのが始まりです。さらに19世紀初頭に外羽根式で、舌革を甲に被せて幅広く取り、その上に腰革を置くBlucher(ブラッチャー、ブルーチャー)という靴が考案されました。また、19世紀中頃にヴィクトリア女王の夫アルバート公が、腰革が上部革とつながる内羽根式のBalmoral(バルモラル)型の靴を作らせました。

現在のオックスフォードシューズは、ブラッチャーとバルモラルの2種に大別されます。甲の部分の紐を通す部分は2種類で、バルモラルとブラッチャーがあります。バルモラルはお城の名前から、ブラッチャーは将軍の名前が由来になっています。オックスフォードシューズが今の短靴の原型といわれており、それまでの靴と違いさまざまな足の形に合わせることができるというところが、広く愛される所以です。