買取ブランド例:ルイヴィトンロレックスエルメスシャネルバレンシアガタグホイヤーブライトリンググランドセイコーパネライ>> もっと見る

audio technica(オーディオテクニカ)の買取

audio technica(オーディオテクニカ)の商品を売りたい方は査定をお試しください!

>> 2回目以降のお申し込みはこちらから

高く売るコツ

  • 1. 付属品はとっておく

    ◆購入時に付属していたショルダーストラップや鍵、箱や保存袋、保証書や説明書など付属品がある場合は、プラス査定となる場合がございます。きちんと保管しておきましょう。

  • 2. 自分で簡単に掃除

    ◆商品のほこり・汚れを落とすだけでがらりと印象が良くなり、プラス査定となる場合がございます。送付する前にかんたんなお手入れを心掛けましょう。


  • 3. 早めに売る!

    ◆商品の製造年や購入時期が新しいほど、市場価格やトレンドの影響で査定額が高くなる傾向があります。できるだけ早く売ることをオススメします。

  • 4. 流行遅れになる前に!

    ◆売りたいアイテムの他に、使わなくなった財布やもう着ていない洋服などはありませんか?複数個まとめて売ることで、プラス査定となる場合がございます。

audio technica(オーディオテクニカ)の買取(査定)商品一覧

  1. 2007年05月01日買取
    オーディオテクニカの小物
    audio technica(オーディオテクニカ) / 小物 / 不明 / ヘッドホン
(全1点)   1  

audio technica(オーディオテクニカ)の商品を売りたい方は査定をお試しください!

>> 2回目以降のお申し込みはこちらから

audio technica(オーディオテクニカ)の取扱ジャンル

取扱不可ジャンル

バッグ財布アクセサリー時計靴トップスボトムスその他洋服その他(小物類)

買取対象外の商品が含まれると査定がスムーズに行われず、査定結果のご連絡が遅れる場合がございます。
お手数ですが、事前にお送りいただく商品が買取可能なジャンルであることのご確認をお願い致します。

audio technica(オーディオテクニカ)以外の買取可能なおすすめジャンル

このブランドを査定に出した人は、こんなブランドも送っています

英字orかな
取扱ブランドを探す  

audio technica(オーディオテクニカ)について


audio technicaの歴史

 オーディオテクニカは、2012年に創立50周年を迎え現在も進化し続けている音響機器ブランドです。アナログカートリッジを絶やさず、時代に合ったサウンド技術を取り込んだ最新のテクノロジーを開発しています。日本だけでなく世界中に愛されるブランドとして新たな歴史をつくり続けています。オーディオテクニカの音響機器は、日本国内で毎夏に開催される「サマーソニック」やアメリカ「グラミー授賞式」で使用されている程、信頼性の高いものといえるでしょう。


audio technicaの創業者の松下 秀雄氏について

 audio technica(オーディオテクニカ)の創業者である松下 秀雄(まつした ひでお)氏は、1919年(大正8年)に福井県に生まれ高校(現:福井県立福井商業高等学校)を卒業後、現在の香川大学経済学部に入学します。大学を卒業後の1951年にブリヂストン美術館に入社します。その後1962年に「オーディオテクニカ」を創業しました。現在は息子である松下 和雄(まつした かずお)氏が代表取締役社長に就任し長い歴史を引き継いでいます。


宅配買取の流れ

流れイラスト

audio technica(オーディオテクニカ)の商品を売りたい方は査定をお試しください!

>> 2回目以降のお申し込みはこちらから