HERMES(エルメス)/ボリードの買取

1923年に登場したエルメスの「ボリード」。当初はブガッティと呼ばれており、フォルムが似ている同名の高級車が名前の由来でした。
機能性や耐久性に優れており、旅行バッグとして人気になります。現在では一般的なファスナー付きバッグも「ボリード」が世界初だと言われています。
正面に縫製されたマカロンと呼ばれるパーツは、旅行バッグ時代の名残で、元々はオーナーのイニシャルを焼き入れるネームタグでした。

HERMES(エルメス)取扱ジャンル

※掲載の項目は買取対象の一部です。他のジャンルもぜひ無料査定にお送りください。

ボリードについて

ボリードは合わせて7種類のサイズとモデルで展開。B5サイズが丁度良いボリード31は、普段使いのハンドバッグとして人気になります。すんなりと馴染むサイズ感で、カジュアルなファッションにも違和感なく寄り添ってくれます。
コンパクトなボリード27は、A5サイズの手帳や小説を持ち歩くことが可能。小さな印象を受けますが、収納力に衰えを感じさせません。その他、野球ボールをモチーフにした「ベースボール」という遊び心満載なモデルもリリースされました。
素材はエルメスバッグ鉄板の牛革・ヴォーエプソンやトリヨンクレマンスを使用。水やキズに強い水牛革のブッフルも人気を博しています。
シンプルで可愛らしいデザインですが、キラリと光るカデナがエレガントなブランド品としての印象を与えています。ゴールド金具やシルバー金具の他、パラジウム金具も採用されました。
ボリードは中古品でも取り引きが頻繁に行われているアイテム。状態の良し悪しはもちろん、クロシェットやレインカバーなど、付属品の有無も価格に左右します。

TOPへ戻る