HERMES(エルメス)/バーキンの買取

1981年、ロンドン行きの飛行機で、社長であったジャン=ルイ・デュマと女優ジェーン・バーキンが出会います。ジャンがジェーンのボロボロのバッグを見て「なんでも詰め込めるハンドバッグをプレゼントさせて欲しい」と申し入れしました。この出会いが「バーキン」誕生のきっかけになったのは有名なお話ですね。
「オータクロア」をもとにデザインされ、ジェーンの名前にちなんで「バーキン」と呼ばれるようになりました。

HERMES(エルメス)取扱ジャンル

※掲載の項目は買取対象の一部です。他のジャンルもぜひ無料査定にお送りください。

バーキンについて

バーキン最大の特徴はその収納力。内部に仕切りはなく、丈夫なダブルハンドルで大きく開く開口部に仕上げられています。収納力があるバッグに必要な堅牢性も兼ね備えており、ブランド品質の高さが窺えるつくりに。
また、エルメスバッグ全般に採用されているゴールド金具とシルバー金具とは別に、「ブラックメタリック金具」が施されたバーキンも人気を集めています。
素材にはトゴやヴォーエプソンなどの牛革をはじめ、オーストリッチやクロコダイルといった高品質な革が採用されました。
サイズは25・30・35・40の4つを展開。なかでも30はフランス本店でも「日本人用」とされるほど日本国内で人気が高い商品になっています。
バーキンは中古品市場でも常に注目を浴びるブランドバッグで、付属品が揃えられていたり人気色のアイテムは多くの買い手がつきます。コレクション限定カラーなど希少価値の高いモデルには、さらに購入希望者が殺到することもあるようです。

TOPへ戻る