HERMES(エルメス)/ケリーの買取

1930年代当時、新たなハンドバッグを制作。多種多彩なカラーとサイズが展開され、モナコ公妃のグレース・ケリーも愛用するほどの人気に。そしてこのハンドバッグはある出来事を境に「Hermesの代名詞」となります。
1956年、妊娠していたグレースはパパラッチにお腹を撮られまいとバッグで隠伏。その瞬間を捉えた写真が世界中へ拡散され、バッグは「The Kelly Bag」として名を刻みました。

HERMES(エルメス)取扱ジャンル

※掲載の項目は買取対象の一部です。他のジャンルもぜひ無料査定にお送りください。

ケリーについて

エルメスを代表するケリーには「外縫い」と「内縫い」という2種類の縫い方があります。外縫いはステッチが表に見える引き締まったフォルム、内縫いは縫い目が隠れた柔らかなフォルムが特徴。
金具にもシルバー金具とゴールド金具という2種類があり、買取価格に影響することもあります。新品・中古に関わらず人気が高く、多くの人たちに愛されています。
他にも製造年が刻印されるなど、ブランドのこだわりを感じるケリー。なかでも人気の「ケリー32」は、素材にトゴやボックスカーフが使用された洗練されたアイテムに。付属品の布袋にはロゴが施され、ブランド品としてアイコニックに仕上げられました。
また、ケリーラインからは財布や時計といった製品も展開されており、「ブランドバッグ」という枠を超えて愛されています。

TOPへ戻る