HERMES(エルメス)/オータクロアの買取

1837年に馬具工房として創業したエルメス。
創業当時からの品質と技術力の高さを活かし、1892年に同ブランド初となるハンドバッグ「サック・オータクロア」を作り上げました。元々は乗馬の際に用いる鞍(サドル)を入れるバッグでしたが、後にエルメスの代名詞となるバーキンやケリーの原型に。100年以上経った現在も残る、エルメス史上で大変重要なアイテムです。

HERMES(エルメス)人気ラインの買取情報

HERMES(エルメス)取扱ジャンル

※掲載の項目は買取対象の一部です。他のジャンルもぜひ無料査定にお送りください。

オータクロアについて

エルメスファンからは「ポストバーキン」と呼ばれることもあり、そのクラシックなディテールが人気となります。
バーキンとの大きな違いは、留め具に使用されているゴールド金具。L字型の金具が使われているバーキンに対して、オータクロアはコの字型が特徴。
素材には定番のトゴやトリヨンクレマンスを使用することが多く、クロコダイルなどの高級素材も使用したアイテムも展開しています。
バーキンやケリーに比べ知名度は低いですが、カラーやサイズバリエーションも豊富、実用性も兼ね備えたブランド品として高品質なアイテムです。
店頭での取り扱いも少なく、入手困難なブランドバッグとして中古品でも人気が高くなっています。中古市場でも需要が高いため、買取の際に付属品の有無も査定に影響します。

TOPへ戻る