HERMES(エルメス)/エブリンの買取

1978年、エルメスのデザインディレクター「エヴリン・ベルトラン」は、馬具用品用のショルダーバッグを制作。馬具工房時代からブランドを支えていた彼を尊重し、完成したアイテムは「エヴリン」と名付けられました。
蹄鉄をモチーフに作成され、特徴的な楕円形のフォルムで人気になります。バッグの前面には「H」の文字が大きくパンチングされ、【Hermesのブランド品】ということを大胆に主張しているモデルといえます。

HERMES(エルメス)取扱ジャンル

※掲載の項目は買取対象の一部です。他のジャンルもぜひ無料査定にお送りください。

エブリンについて

TPM、PM、GMという3つのサイズでリリースされているエヴリン。一番大きいGMは男性人気も高く、A4サイズが収納できる機能性が魅力。
素材にはトリヨンクレマンスが使用されており、ブランドバッグとして洗練された仕上がりになっています。
発売初期のI(アン)、2006年に登場したII(ドゥ)では、ストラップ調節ができない状態でしたが、最新モデルのIII(トロワ)ではついに調節可能になり使い心地がアップ。
バーキンやケリーのように2種類の金具で展開されており、ゴールド金具よりもシルバー金具が人気に。現在はカードケースやシューズなど様々な商品を展開する人気ラインになりました。

TOPへ戻る