Red Wing(レッドウイング)のワークブーツを履く者は再びレッドウィングを買う

Brandear

Red Wing(レッドウイング)のワークブーツを履く者は再びレッドウィングを買う

人気ブランドRed Wing(レッドウイング)のチャッカブーツの人気の秘密や豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

レッドウィングが選ばれる理由

Red Wing(レッドウイング)ブーツ
 ワークブーツやファッションアイテムとして、世界各国でレッドウイングのブーツは大人気です。中でも「定番」と言われる5種類のブーツをご紹介します。

 まず8インチ丈のモックトゥブーツ(♯877)です。アイリッシュセッターとも呼ばれ、1952年に発表されて以来ほとんどモデルチェンジされていないクラシックなブーツです。続いては、オックスフォードシューズ(♯9196)です。チャッカ型の靴で、皮革の光沢が美しい短靴です。そして、エンジニアブーツ(♯2268)は、見た目はゴツい長靴の様なデザインで、アメリカでは鉄道機関士のために開発されたものだそうです。そして、日本で爆発的にヒットした8インチ丈のモックトゥブーツ(♯875)です。「レッドウィング」といえばこのブーツを思い浮かべるほどです。最後にペコスブーツ(♯8168)ですが、このブーツはカウボーイブーツから進化を遂げたアイテムです。どのブーツについても共通して言えるのは、上質な素材、丁寧な作り、そしてコストパフォーマンスの良さです。レッドウィング社の靴はアメリカ産レザーにこだわり、良質なレザーを新鮮な状態で入手し、自社のタンナーで皮なめし加工しているた為、製造コストが安く上質な素材を使用する事を可能にしています。時代や国を超えて愛され続けているのも納得ですね。

チャッカブーツの魅力とは?

Red Wing(レッドウイング)チャッカブーツ
 レッドウイングのブーツは、どのモデルを選んでもアメカジファッションにピッタリで、本場アメリカのテイストを存分に取り込んだスタイルが完成します。また、レッドウィングの靴の人気の秘密はオシャレなビジュアルだけでは無く、その機能性の高さと耐久性の高さからも注目されています。特にレッドウィングのチャッカブーツはアウトソールが平らなので引っかからず、滑りにくい構造になあっており安全性が高いと言われています。防水加工がされており、丈夫で長く愛用することができます。

 ここからは、レッドウィングのオススメ商品を紹介したいと思います。「素材の良さにこだわりたい」という方には、レッドウィングの中では特に希少なフェザーストーンレザーを用いて作られている「ベックマン」がオススメです。また、ドレスアップした時にも履けるようなビジネスシーン用の靴が欲しいという方は、黒の「ポストマン」を選ぶとカッチリとした印象になります。レッドウィングの靴を自分流に履きこなす事が出来た時に本当のアメリカンカジュアルが完成するのではないでしょうか?みなさんもお好みのアイテムを見つけて、自分なりのファッションを楽しんでみてくださいね。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る