知っていますか?エピの辿ってきたエピソード

Brandear

知っていますか?エピの辿ってきたエピソード

人気ブランド「Louis Vuitton(ルイヴィトン)」の【エピ】の人気の秘密や豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

エピの魅力をご紹介♪

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)エピハンドバッグ/ジャスミン
 フランス語で“麦の穂”を表すエピは、 型押しで出来た凹凸が風に揺れる稲穂のようであることから名付けられており、ルイヴィトンで使われていた型押しのパターンからヒントを得て、1985年に誕生しました。

 この凹凸がエピの魅力を表現していると言えます。ダミエやモノグラムとは違う独特の表情。エピが見せてくれる表情は光の当たり方で大きく変わります。 素材から感じ取れる高級感やソフトな触り心地、エピ独特の表情はルイヴィトンの他ラインとは違う印象を与えてくれます。

 また、エピを使用したアイテムは、耐久性や耐水性にも優れていて長年使ってもくたびれず、長く愛用できる魅力があります。 カラーバリエーションも豊富にあり、ベーシックな「ノワール」や「サフィール」などのカラーから鮮やかな色調の「マンダリン」や「ミモザ」まで様々。きっと自身の好みに合わせたアイテムを見つけることができます。

エピの歴史

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)エピ名刺入れ/カスティリアンレッド
 シンプルで高級感を感じさせるエピ。ルイヴィトンが日本に初めて上陸したのが1981年とまだまだ新しい存在です。

 このころ日本はバブル期でルイヴィトンの出店からすぐに成功することになります。 また、ヨーロッパブランドが人気であったことからセレブだけではなくサラリーマンも高級ブランドを身に着けていました。 このバブル景気に一大ムーブメントを起こし、人気を得ることができたのが、まさにエピでした。これまでのルイヴィトンのイメージを覆すさまざまなカラーを発表し人気を集めました。

 しかし、この人気も長く続かず、斬新さが定着する前に失速。さらに、カラフルなイメージで女性に人気のヴェルニが登場! エピのカラーバリエーションの豊富さというイメージまで薄くなってしまったんですね。

 ただ、エピを支える根強いファンの方々は多く、マイナーチェンジをしたアイテムもあってか、徐々に人気を取り戻していきます。 今でも定番のモノグラムやダミエよりも「エピが好き」と、言う方が多くいます。現在では人気ラインのひとつとして数えられていますが、低迷時代を乗り越え多くのエピファンに支えられて今のエピがあるんですね。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る