LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のキモノで日本を表現しよう

Brandear

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のキモノで日本を表現しよう

人気ブランド「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」の【キモノ】の人気の秘密や豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

実は日本との馴染みの深いルイ・ヴィトン

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)/長財布/ポルトフォイユ・キモノ
 フランスの一流ブランド「ルイ・ヴィトン」から発表されて以来、男女共に愛され続けているモノグラムですが、実はこのモノグラムの由来は日本文化のあるものに影響を受けて誕生したものだということはご存知でしたか? 常に新しい手法やデザインを求めるヴィトン社は、1878年にパリで行われた万国博覧会をきっかけにモノグラムを誕生させることとなりました。

 その博覧会で最も注目を浴びたパビリオンは日本館だと言われており、後のフランスを中心としたヨーロッパで起きた日本ブーム、俗に言う「ジャポニズム」に影響を受ける形でジョルジュ・ヴィトンが当主となったヴィトン社から 発表されたのが「モノグラム」なのです。

 では日本の何に影響を受けたのでしょうか。それは日本文化である「家紋」でした。創業者のルイ・ヴィトンのイニシャルや花や星を表すこのモノグラムは模様の複雑さもあり、当時横行していた模造品の対策にもなったというわけです。

着物の襟元を表現した他にないデザイン

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)/トートバッグ/キモノ
 「ジャポニズム」から日本と馴染みの深いヴィトン社から、日本の着物の襟元を表現し、英語の「V」の字に見立てたシグネチャーが光り輝くバッグと財布が発売されました。

 モノグラムとカーフレザーを着物のように重ね合わせた、シンプルながらも大胆なデザインには、ゴールドのシグネチャーがあることで引き締まり、高級感をより感じることができます。持っているだけでも目立つこと間違いなしの「キモノ」は、ショルダーバッグとして 使用するのに丁度よい長めのハンドルで、軽量に作られたトートバッグと、二種類のサイズがある財布には、ポルトフォイユ・キモノというカードポケットが沢山ある長財布もあり、薄型でスタイリッシュなことからメンズアイテムとしても人気があります。

 日本文化が強く現れていることから、海外の方からの評価が特に高い「キモノ」ですが、日本人ならではのコーディネートや使い方を見つけて、「キモノ」と共にオシャレを楽しみましょう!

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る