PANERAI(パネライ)が誇るラジオミールの代表作

Brandear

PANERAI(パネライ)が誇るラジオミールの代表作

人気ブランド「PANERAI(パネライ)」の腕時計【ラジオミール】の人気の秘密や豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

ラジオミール カリフォルニア スリーデイズの魅力

 数多くの時計を生み出しているパネライの中でラジオミールコレクションが注目されるのには訳があります。その洗練されたデザイン性と機能性の高さなど、ブランド時計としての風格が漂うラジオミールは世界中の人々を魅了します。

 そんなラジオミールの中で特に注目したいおすすめの腕時計があります。

 それは、「ラジオミール カリフォルニア スリーデイズ(型番PAM00424)」です。ダイバーズウォッチから強いインスピレーションを受けており、力強い印象を受けるスティールケースの直径は47㎜と大きめで、時計の性能の要となるムーブメントには手巻きメカニカルを採用したパネライ自社製キャリバー P.3000を搭載し、時刻計測の正確性とパワーリザーブは折り紙付きです。ダイバーズウォッチを元に制作されている為、水深での着用に適しており、約100m、10気圧の環境にも耐えられる程の強靭さを兼ね備えています。しかし、その強靭さと裏腹に、ステッチが施されたカーフストラップを使用している、そのビジュアルは繊細さを保ちクラシックな印象が強いです。

 この様に多機能でありながらシックな高級感があるラジオミール カリフォルニア スリーデイズはパネライの人気商品となっています。

ラジオミール S.L.C. スリーデイズの特徴

 前項で紹介させていただいた「ラジオミール カリフォルニア スリーデイズ」と同時に発表されたのが「ラジオミール S.L.C. スリーデイズ」です。

 この2つのモデルには多くの共通項があり、まず1つ目がイタリア海軍の特殊部隊が着用する為に制作された試作時計が元になっている事。2つ目は深海という暗い環境でも見やすい様に工夫されたブラックの文字盤。3つ目はゼンマイを巻き上げるリューズが円錐形をしている事。4つ目は耐久性に優れたスティール製のクッション型ケースを使用している事です。

 この様に多くの共通点、共通機能を搭載している双方の時計ですが、文字盤には「ラジオミール S.L.C. スリーデイズ」の特徴が色濃く反映されています。時刻を表すアワーインデックスは、サンドイッチ構造を実験する目的で制作された1930年代の時計を色濃く反映しており、夜光素材を2枚のプレートで挟み、上のプレートにバーとドットのくりぬき加工を施し、その部分が蛍光に光るデザインが採用されています。

 現在では時計の文字盤に夜光素材が使われる事は常識となっていますが、暗い中で使用するダイバーズウォッチとしての実用性を約90年前から追及していた事が伺えます。そして、文字盤に堂々と印字されている「RADIOMIR PANERAI」からは、その品格を感じる事が出来ます。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る