プロも認めたブライトリングのラグジュアリーモデル

Brandear

プロも認めたブライトリングのラグジュアリーモデル

人気ブランド「BREITLING(ブライトリング)」の腕時計【トランスオーシャン ユニタイムパイロット】の人気の秘密や豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

トランスオーシャンシリーズのアイデンティティ

 『プロフェッショナルのための計器』という製品哲学を掲げるブライトリングは、特に極限世界に挑むパイロットが使用する計器としての性能を追求し続けています。

 ブライトリングといえば上記のようにパイロット向けの腕時計を開発しているイメージがあると思いますが、「トランスオーシャン」は空の旅を楽しむ乗客向けのモデルとして開発されました。

 初代トランスオーシャンが登場した1950年代後半は大型飛行機による国際線飛行が広まりつつあった時代でした。 当時の乗客はエリートビジネスマンや富裕層などといった人々がメインで、そんなファーストクラスで長距離移動をする乗客のために開発されたハイクラスモデルのトランスオーシャンは、現在では耐磁性・防水性・耐震性を備えた「トランスオーシャンシリーズ」として製品展開が行われています。

 中でも「トランスオーシャン ユニタイム」には、自社開発された世界24都市の時刻が瞬時にわかるワールドタイム機能を備えた自動巻きクロノグラフの「キャリバーB05」が搭載されており、世界中を旅する乗客にとってはピッタリの機能といえます。

「トランスオーシャン ユニタイム パイロット」はオリジナリティ溢れるプロモデル

 「トランスオーシャン ユニタイム」に搭載されているワールドタイム機能は、その操作性や機能性の高さから空のプロフェッショナルからの高い評価を受けて、プロ仕様の「トランスオーシャン ユニタイム パイロット」が開発されました。

 ここで皆さんはある違和感にお気づきでしょうか?そう、トランスオーシャンは乗客のための腕時計を開発していたのになぜ“パイロット”なのか?コンセプトぶれてない?...と、若干屁理屈っぽくなってしまいましたが、理由は単純で、ワールドタイム機能が『プロが使用するに値する機能だったから』です。そもそも大型飛行機での長距離移動を行うのは乗客だけでなくパイロットも同じですよね。

 「トランスオーシャン ユニタイム パイロット」は、反射を抑えるためにスチール製のケースにはツヤ消し加工が施されていることや、「トランスオーシャン ユニタイム」の文字盤中央に配置されている世界地図を取り除きシンプルにすることで視認性が高められている事です。

 ラグジュアリーモデルとして展開されている「トランスオーシャン ユニタイム」よりもプロ仕様モデルとしての性能を追求したモデルに仕上げられています。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る