LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)とフランス革命と「テュイルリー」

Brandear

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)とフランス革命と「テュイルリー」

人気ブランド「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」の【テュイルリー】の人気の秘密や豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

「テュイルリー」に歴史を想う

 ルイヴィトンが2014年に発表したモノグラム・キャンバスのショルダーバッグ「テュイルリー」は、かなり大きなバッグです。ストラップや金具のディテールは、創業時には旅行用鞄の製造業者であったルイヴィトンの歴史を意識してデザインされたものだということです。そこはかとなくアンティークな雰囲気のデザインもさることながら、このバッグの一番の特徴は、大容量であることです。サイズは幅44×高さ26×マチ15センチ。A4サイズのファイルは余裕で入ります。バッグ内部にパッチポケットとスマートフォン用のポケットもあり、小物の整理に便利です。

 ところで商品名の「テュイルリー」とは何のことなのか気になりませんか?テュイルリー宮殿は、16世紀の半ば頃、アンリ二世の王妃カトリーヌ・ド・メディシスの希望によりルーヴル宮殿の西側に建てられました。17世紀初頭には立派な回廊が作られ、ルーヴル宮殿に繋げられました。さらにルイ14世の時代には、造園師ル・ノートルによって庭園が造られました。しかしルイ14世はパリ郊外にベルサイユ宮殿を建てて引っ越しました。王宮がベルサイユに移ったため、テュイルリー宮殿とルーヴル宮殿は忘れ去られてしまったのです。

 テュイルリー宮殿が再びフランスの国政の中心地として使われたのは1789年、フランス革命の最中のことでした。革命後、19世紀のフランスは、帝政と共和制とが何度も入れ替わる不安定な国でした。ちなみにルイヴィトンの創業者ルイは1837年にパリに出てマレシャル氏の下で旅行用鞄製造業の見習いを始めたのです。ルイは1854年にパリに店を持ち、1867年にはパリ万国博覧会で世界的な評価を獲得し、幾人もの王侯貴族の顧客を持ちました。ルイヴィトンが旅行用鞄業者として順調に成功し始めた頃、チュイルリー宮殿は放火による火災のため全焼しました。1871年5月のことでした。テュイルリー宮殿は再建されず、跡には庭園だけが残ったのです。

 ルイヴィトンのバッグの商品名「テュイルリー」は、テュイルリー庭園に由来するものだということです。テュイルリー宮殿はフランス革命後に当時の政府が使用するなど、一時的にせよフランス史的に重要な場所でしたが、創業時から事業が飛躍的に発展するまでのルイ・ヴィトンにとっても思い出のある場所だったのではないでしょうか。

トリコロールの「テュイルリー」

 7月14日は、フランスでは「革命記念日」すなわち建国記念の日として祝われます。パリ市内で軍事パレードが行われ、シャンゼリゼ大通り全体が三色旗で飾られます。フランス国旗は「赤白青」ですが、「三色」を意味する「トリコロール」という言葉は、そのまま「三色旗」をも意味します。

 さてルイ・ヴィトンは2017年春、「テュイルリーブザス」「テュイルリーホーボー」「テュイルリートート」の三種類の新作バッグを発表しています。これらはいずれも本体がモノグラム・キャンバスのレディース向けバッグで、1点のバッグにつき配色レザーのデザイン部分に三色のカラーが使われています。

 たとえば「テュイルリーブザス」の「マリーヌボルドー」の配色は、メイン口の縁取りとストラップの表が紺色、ストラップの裏が暗いピンク、ファスナートップにイエローが使われています。「テュイルリーホーボー」の「ノワール」は、メイン口の縁取りとストラップの表が黒で、ストラップの裏がイエロー、ファスナートップがレッドです。「テュイルリートート」の「キャラメル」は、メイン口の縁取りがブラウン、ハンドルがブラック、ストラップの裏とファスナートップがレッドとなっています。どのモデルも本体のモノグラム・キャンバス以外のレザー部分に三色のカラーが使われていますが、どの三色も色の取り合わせが良く、カジュアルな雰囲気ながら品良くまとまっています。

 バッグとしての使い勝手も良さそうです。「テュイルリーブザス」は外ポケットがファスナー開閉で、ショルダーストラップは取り外しでき、ハンドバッグとしても使える2WAY仕様です。「テュイルリーホーボー」はメイン口がマグネット開閉で、ストラップは長めなので肩がけもできます。「テュイルリートート」はメイン口と外側ポケットがファスナー開閉で、ショルダーストラップが取り外し可能です。3モデルのいずれも、A4の書類が入れられる大きさで、適度な収納力があり、実用的です。

 なお「ポシェット・テュイルリー」というクラッチバッグも出ています。上記「テュイルリートート」の「キャラメル」配色と同様の色使いで、こちらはスマートフォンや長財布など必要最低限のものを持ち歩くときに重宝しそうです。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る