TAG Heuer(タグホイヤー)の傑作!モンツァエディション

Brandear

TAG Heuer(タグホイヤー)

人気ブランド「TAG Heuer(タグホイヤー)」の腕時計【モンツァエディション】の人気の秘密や豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

オリジナルモンツァが復刻

 タグホイヤーは古くからの歴史の中で現代にも求められるヴィンテージウォッチを製作しています。その中でもモンツァは別格の知名度を誇ります。1976年に創業者の曾孫ジャック・ホイヤーによって製作された「クロノグラフ ホイヤーモンツァ」は、40年の時を経て2016年にファンの元に戻ってきました。知名度の高い印象的なモンツァは数々のモデルがありますが、1976年のモンツァは特別なものでした。当時、ファラーリに所属していたF1レーサーのニキ・ラウダとクレイ・レガッツォーニが優勝した事を祝して製作されたモンツァとして人気を獲得しモンツァの中のモンツァという意味を込めて「オリジナルモンツァ」と呼ばれ人気を集めました。

 そんなオリジナルモンツァは、2016年にヴィンテージウォッチの復刻版を表すコレクションであるヘリテージコレクションから「モンツァエディション」として生まれ変わりました。オリジナルモンツァの誕生から40周年を記念して作られたこの「モンツァ エディション」は、栄誉あるリバイバルウォッチ賞を受賞し、オリジナルモンツァを超える程の注目を浴びました。古き良き伝統や深いこだわりを色濃く反映したこの腕時計からは、ヴィンテージモデルの良さを存分に感じる事が出来る事が出来ます。

モンツァ エディションの特徴

 人々を魅了し続ける復刻版「モンツァ エディション」の特徴は、オリジナルモンツァの良さをしっかり残し、その中に最新機能を詰め込んだモデルになっている事です。蛍光の針が光る黒の文字盤や、ケースに刻まれた「HEUER」のロゴはオリジナルモンツァそのものです。しかしケースの直径は現代のニーズに合わせて42mmとサイズアップしています。機能面では、ドーム型のサファイヤクリスタルは傷が付きにくく耐久性を向上させています。

 さらに100mもの防水性を誇り、ムーブメントにはキャリバー17を採用し、約42時間のパワーリザーブを搭載しています。オリジナルモンツァ同様、特徴的なストラップは、パンチング加工された黒のレザーストラップを使用しており、まるでレーシングカーのタイヤの様で特徴的です。黒を基調としたスタイリッシュなビジュアルは、オリジナルモンツァと変わらず魅力的で、40年の時を超えて歴史のバトンを渡されたタグホイヤーの代表作「モンツァ エディション」は、これからも多くの人々を魅了し続ける事でしょう。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る