圧倒的なラグジュアリーを添える最高の相棒

Brandear

圧倒的なラグジュアリーを添える最高の相棒

人気ブランド「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」の【ペガス・レジェール】の人気の秘密や豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

「完成形」を上回ったトランク

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)/キャリーバッグ/ペガス・レジェール55
 ルイ・ヴィトンは世界最初の旅行用かばん専門店を1854年に設立しました。鉄道や船舶の中でも楽に積めるように平らな形の、樹脂を使用した防水加工トランクを考案したのです。その後タイタニック号の沈没事故で船室からルイ・ヴィトンのトランクが引き揚げられ、中身が無事でそのままの姿で残っていたという出来事がきっかけで、当時のセレブたちの間ではルイ・ヴィトン旅行鞄が大人気商品となり、それ以後ルイ・ヴィトンは常にその時代に沿ったトラベルアイテムを世に送り出してきたのです。

 長く使用することで味わいが増し、くたびれた印象にならない製品はきっと他にはないでしょう。飽きのこないデザインも魅力で、10年使い続けたバッグも深い味わいを持ちつつあります。質の良い素材と技術力、デザインの凝縮であるということが実感でき、しかもファッションもステータスも格上げしてくれる本当に価値のある逸品がルイ・ヴィトンのバッグだと言えます。

 さて、そのルイ・ヴィトンから新作トランク「ペガス・レジェール」が誕生しました。ルイ・ヴィトンの既存商品「ぺガス」からヒントを得て作られ、機能性とラグジュアリーさを当たり前のように持ち合わています。「ペガス」は元々人気商品であり、ほぼ完成形と言われてきましたが、その完成形を驚くことに更に進化させた形で「ペガス・レジェール55」は誕生しました。

機能的もラグジュアリーもあって当たり前

 「最新が最善」をさらりとこなしているのがルイ・ヴィトンともいえます。このさり気なさが素晴らしく、機能面だけに特化していないのも大きな魅力といえるでしょう。旅スタイルに圧倒的なラグジュアリーを加える最強の相棒となることは言うまでもありません。

 メインデザインにはこれまでのお馴染みの、ダミエ・モノグラム・エピが採用されています。

 機能面に関しては、ほぼどれも飛行機内持ち込みサイズなので、少しでも傍に置いておけるのがいいですね。長い移動や大荷物を常に持って歩くのが日常であるスタイリストやジャーナリストなどのファッションプロに「国内外の出張に重宝してます。2個も愛用してるんですよ。ポケット付きなのでPCの出し入れも簡単で嬉しいです」「丈夫で軽くて、旅の名品ですね」と言わせてしまうほど、よく出来たトランクなのです。

 トランク自体の重さはたったの約3キロ、収納性も高く容量31リットルです。元々が軽いので荷物を入れてもさほど重くはならず、たっぷり入ります。これだけ軽ければ特に男性の方、機内で軽々と、しかも片手で収納棚に収める姿をCAさんを含めた周囲の女性にさりげなく見せつけちゃう事もできますね。「あら、この方センス抜群な上に力持ち…」と注目されたら、しめたものですよ。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る