HUBLOT(ウブロ)のマニュファクチュール

Brandear

HUBLOT(ウブロ)のマニュファクチュール

人気ブランド「HUBLOT(ウブロ)」の【マニュファクチュール】についての豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

HUBLOT(ウブロ)のマニュファクチュール

 「マニュファクチュール」という言葉をご存知でしょうか?機械式時計の製造において完成に至るまでに使用する数百のパーツの中でも、特に核となるムーブメントを自社で開発し、一貫して完成まで時計を製造するメーカーを差す言葉となります。その数は時計メーカー数多しと言えど少なく、「自社完結型時計製造」の名を欲するが故、定義に当てはまるかどうかの曖昧な境界線の上でマニュファクチュールを掲げるブランドも少なくありません。

 しかし、ウブロは間違いなくマニュファクチュールと呼べる高級時計メーカーであり、ムーブメントを構成する小型部品の開発から独自に開発したムーブメントも多数存在し、技術革新を図る熱心なクリエイションはムーブメント以外の開発にも遺憾なく発揮しています。

 その秘密は、同建物内で数百年の古い歴史を持つ伝統的な手工芸と、最新の素材と製造技法を組み合わせた点にありますが、今回はウブロのマニュファクチュールから生まれた傑作を少し探ってみたいと思います。

HUBLOT(ウブロ)のマニュファクチュールの産物

 ウブロが独自に開発したクリエイションの一部を探ってみましょう。

 「マジックゴールド」という名の新素材は、特許取得済みの傷の付きにくい18Kゴールド合金です。その秘密はセラミックスとゴールドの融合にあり、合金素材でありながら18Kゴールドの認定基準も満たしており、高度な硬度はタイヤモンド以外での加工が出来ない代物です。

 特許取得済みの新素材は他にも開発されており、「レッドセラミック」も特徴的です。その名の通り赤い色をしたセラミックなのですが、通常セラミックは加工工程の上で高温処理がなされるため色素は消えてしまいますが、色素を定着させるための焼結の温度調整を行う事で色素の定着を実現させた素材です。

 これらの素材は今までに無い耐久性を有しただけでなく、実現をなし得なかった新素材の使用によりウブロのデザインの幅を広めることを成功させました。

 その他、自社製ムーブメントに関しても多くの種類を製造しており、トゥールビヨン・ミニッツリピーター等と高度な開発技術力を要求させる機構等も存在します。

 デザインに特徴を持つウブロですので見逃してしまいがちですが、特許技術等も有した優れた技術力にも目を向けてみる事で時計選びの楽しみが増えそうです。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る