銀行家の一言から生まれた「マスターバンカー」

Brandear

銀行家の一言から生まれた「マスターバンカー」

人気ブランド「FRANCK MULLER(フランクミュラー)」の腕時計【マスターバンカー】の人気の秘密や豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

世界をまたにかけて活躍する人のための時計

FRANCK MULLER(フランクミュラー)/マスターバンカー
 「世界の金融市場の時刻が一目でわかる腕時計があれば良いのになあ」。フランクミュラーの「マスターバンカー」は、フランク・ミュラーの友人の銀行家のこんな一言がきっかけで創られました。

 マスターバンカーの外見は至ってシンプルでわかりやすいものです。一つの文字盤の中に、普通の時計と、小さな2つの時計、合わせて3つのアナログ時計が同居しています。それぞれが別々の時刻を表示していますが、これら3つのアナログ時計は、一つのリューズで時刻合わせの操作をすることができます。ケースは、トノウ・カーベックス型またはロングアイランド型で展開しています。

 一個の自動巻きムーブメントで3つの時刻を表示し、しかもそれらを一つのリューズで調整するというこの機構は、見かけの単純さに反して、内部は大変な複雑機構となっています。

 実際、フランクミュラーはこの時計の開発から1995年の発表まで2年もの年月をかけており、またこの機構によって特許を取っているのです。

 詳細はどうあれ、マスターバンカーは世界の情報をもとに頭脳戦を展開するタイプのビジネスマンにとっては、たしかに世界の3地点の時刻が一目で分かる、使い勝手の良い時計に仕上がっています。さらに進化した「トノウ カーベックス マスターバンカー ルナ」に至っては、小さな2つの時計に昼夜を示す小窓が付き、ホームタイムの日付と昼夜の区別も表示されるので、一段と時刻がわかりやすくなっています。

 また、フランクミュラーの腕時計にはクロコダイルの革ベルトが使われていることが多いですが、「トノウ カーベックス マスターバンカー」の中には、ケースとベルトが共にステンレス製でシルバー一色のドレスウォッチもあります。時計本体はビジネスの用途に沿って設計されてはいますが、オシャレ心を忘れないところに、フランクミュラーならではの心意気と思いやりが感じられます。

フランクミュラーの「ワールドタイム」への挑戦

FRANCK MULLER(フランクミュラー)/ラウンドマスターバンカー
 「ブレゲの再来」と異名をとる天才時計師フランク・ミュラーですが、友人の一言をきっかけに、いきなり「マスターバンカー」のような名作を創り出したわけではありません。

 実際、フランクミュラーはこの時計の開発から1995年の発表まで2年もの年月をかけており、またこの機構によって特許を取っているのです。

 フランクミュラー創業以前のことになりますが、フランク・ミュラーは1990年に「ワールドタイム・ミニッツリピーター」という時計を作っています。この時計は19世紀末に作られた時計の機構の一部を借用し、ベゼルに世界の主要都市名を刻んで世界各国の時刻を示すという、ラウンド型の時計でした。その翌年フランクは「ダブルフェイス・モノプッシャー・クロノグラフ、ワールドタイム」を作っています。これは表側の時計で時刻を表示し、ベゼルで世界各国の時刻を示し、裏面がパルスメーター(脈拍計。医療用のストップウォッチのようなもの。)になっているというダブルフェイスウォッチでした。

 さらに1995年に発表された「トノウ・カーベックス ワールドタイム」という商品は、蛇のように曲がりくねったサーペント針で基本のホームタイムを示し、時針と分針で出張先の時刻を示すものでした。これは、文字盤に七宝で描かれた地図が美しい時計で、フランクミュラー初期の傑作と言われています。

 以上のように、フランク・ミュラー自身、全世界の時刻を表示することに関心を持ちながら研究と試作を重ねてきた過去があったのです。「トノウ・カーベックス マスターバンカー」は、こうした試行錯誤の末に、行き着くべくして到達したゴールの一つだったのです。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る