有名ブランドの背景とは!?ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の歴史と豆知識

Brandear

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の歴史と豆知識

人気ブランドLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)の人気の秘密や豆知識、歴史などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

知る人ぞ知るルイ・ヴィトンの雑学!

初代ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、1821年にフランスのコンティ地方で誕生。
14歳のとき徒歩でパリに向かい、マレシャル氏の元で経験を積み、33歳でパリに世界初の旅行鞄専門店「ルイ・ヴィトン」を設立しました。
防水加工を施した素材「グリ・トリアノン・キャンバス」を使用し、使いやすさを追求した「ルイ・ヴィトンのトランク」は当時のフランス皇室やセレブたちの間で人気を獲得。
その後、ダミエやモノグラムなど新しいデザインを続々と発表し、人気ブランドとして不動の地位を確立しました。

ダミエは復刻!?

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のバッグ
ルイ・ヴィトンのダミエは1888年に誕生しました。
しかし、模倣品が多く出回ったことが原因で一旦姿を消し、のちにモノグラム100周年を記念して復刻しました。
ダミエはフランス語で「チェック」という意味で、市松模様のような柄が特徴です。

モノグラムのロゴは日本の家紋がヒント!!

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のキャリーケース
ルイ・ヴィトンのモノグラムは、模倣品を防ぐために、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のイニシャル「LV」に星と花を組み合わせて誕生しました。
ルイ・ヴィトンのデザインは、日本の文化の影響を強く受けており、ダミエやモノグラムは日本の家紋や市松模様を参考にしたと言われています。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る