結婚指輪に、知る人ぞ知るブランド『ブシュロン』はいかが?

Brandear

BOUCHERON(ブシュロン)のリング

人気ブランド「BOUCHERON(ブシュロン)」の【結婚指輪】の人気の秘密や豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

独特なデザインで世の女性を魅力するブシュロン

BOUCHERON(ブシュロン)ファセットリング
 結婚指輪といえば、皆さん様々なブランドを思い浮かべるかと思います。数あるジュエリーブランドのなかでも、オススメしたいのが『ブシュロン』です。

 フランスのパリの一角でスタートしたブシュロンですが、伝統と実績から現在はフランスを代表するジュエリーブランドとしての地位を確立しています。貴族をはじめ世界中のセレブや有名人にも愛用されていることからも、品位の高さが伺えますね。

 ブシュロンの特徴といえば、なんといってもそのデザイン性です。一般的な結婚指輪は、プラチナの素材を用いたシンプルなデザインのものが多いですが、ブシュロンの指輪は、ひと目でブシュロンだとわかるクリエイティブな発想のもと作られています。例えば、ダイヤモンドにいろいろな面を持たせるファセットカットという技法からヒントを得た「ファセットリング」は、プラチナそのものに彫刻が施されており、光を反射するため独特のきらめきを演出しています。

 シンプルさゆえ結婚指輪としてよく選ばれるこちらの指輪は、ダイヤモンドなどの装飾品がなくても手元を美しく彩ることでしょう。また、「ファセット」シリーズには、プラチナの他にもピンクゴールドやイエローゴールドが採用されているものもあります。自分にぴったりな結婚指輪を見つけたいですね。

ブシュロンには、どんなラインナップがあるの?!

BOUCHERON(ブシュロン)リング/キャトル
 数あるブシュロンのアイテムの中でも、絶大な人気を誇るのが「キャトル」シリーズです。キャトルとはフランス語で数字の4を意味し、このキャトルシリーズのリングはその名の通り、4つの異なる指輪を合わせて1つの指輪のように重ね付けができるのが特徴です。

 ドレスデザインをモチーフにしているグログラン、光を集めキラキラと輝くダイヤモンド、本店の石畳を模したクル・ド・パリ、そして縞模様から成るダブルゴドロンの4つを組み合わせ、それぞれが全く異なる特徴を持っているのに、1つのまとまりのように成り立つのは、とっても不思議ですよね。

 また、「キャトルブラック」というシリーズにも大注目です。こちらは、4つのうちゴドロンとクル・ド・パリの2つを用いて、さらにブラックベースな色味で仕上げられています。スーツにもマッチすることから男性人気が非常に高い商品です。4つ全てをチョイスしても、その中からピックアップしてもどちらでも楽しめるのは、とっても魅力的ですよね。

 結婚指輪やペアウォッチの購入をご検討の際は、是非ブシュロンをチェックしてみてくださいね。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る