試してみる?バレンシアガのデニムジャケットで大人コーデ

Brandear

試してみる?バレンシアガのデニムジャケットで大人コーデ

人気ブランドBalenciaga(バレンシアガ)のデニムジャケットの人気の秘密や豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

着方によって表情が変わる!不思議カッコイイデニムジャケット

BALENCIAGA(バレンシアガ)Gジャン
 バレンシアガのクリエイティブ・ディレクター、Demna GVASALIA(デムナ・ヴァザリア)氏が2017年春夏シーズン向けに発表したGジャンがファッション界で注目を集めています。

 一見して当然のごとくカッコイイのですが、その格好良さの成分は何でしょう?少し分析的に考えてみると、バレンシアガのGジャンのデザインの良さは、迫力あるいは華やかさ、またはさり気なさあるいは可愛さ、そしてデザインのミニマルさにあるようです。

 バレンシアガの2017年春夏シーズンのGジャンは大きく分けて2種類のアイテムが提案されています。

 まずは「スウィングデニムジャケット」からご説明しましょう。丈が非常に短く、肩幅が広く、腕周りにゆとりがあります。そして最も大きな特徴は、胸の下に大きなダーツが入っていることです。このジャケットは、女性が着ると今流行りの肩落としの着方がしやすいうえ、腕の太さがカモフラージュされて可憐に見えます。男性が着ると、アメフト選手のような男性的なラインが自然に形成されます。

 もう一種類の、控えめなデザインのほうは、非常に着こなしやすいデザインのようです。これといって特徴がないのが特徴とでも申しましょうか。丈が短くタイトにフィットすること以外は、ごく普通のGジャンに見えます。ただ、ボタンのかけ方によって様々な表情が出せますので、これもまた不思議カッコイイGジャンではあります。

 いずれも男女兼用ですので、女性は普段来ている洋服より少し小さめのサイズを選ぶことをオススメいたします。

バレンシアガ、スマートに着ませんか

BALENCIAGA(バレンシアガ)Gジャン/コーティングデニム
 バレンシアガの公式サイトに掲載されているジャケットを見てみると、ブルゾンにせよコートにせよ、2017春夏のアウターとして提案されているジャケットの特徴は、オーバーサイズをゆるく着るか、タイトなサイズ感で細身を強調するかのいずれかのようです。

 では、Gジャンを着て大人のコーディネートを愉しむにはどうしたら良いでしょう?

 大人っぽくGジャンを着るコツがひとつあります。合わせるボトムスをキレイめにすることです。男性ならチノパンではなく細めのスラックスを、女性なら思い切ってレースのタイトスカートを合わせるのもアリでしょう。

 日本人がバレンシアガのGジャンを着こなすときのコツとしては、長めのインナーと細めのボトムスを選ぶことです。ロングTシャツや普通の白シャツの裾出しなど、シャツの裾でヒップを隠す着こなしは今季のバレンシアガのジャケットと非常に相性が良いようです。

 また、日本人は概して多色使いが得意ですが、Gジャンを着てダサくならないためには、色数を極力少なくすると良いようです。色味はGジャンのブルーだけにして、あとは白または黒のモノトーンで攻めるとシックにまとまります。全身の形をI型またはY型にまとめるようにすると体型の問題もクリアできます。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る