愛し合う二人を結ぶ絆の輝き、ティファニーのリング

Brandear

ティファニー(TIFFANY&Co.)

人気ブランドTIFFANY&Co.(ティファニー)の結婚指輪・ペアリングの人気の秘密や豆知識などブランディアならではの視点でご紹介させていただきます。

結婚指輪の買い方・選び方

TIFFANY&Co.(ティファニー)プラチナリング/ルシダ
 結婚指輪を購入する前に決めておきたいのはデザインと予算です。長く使うものですから飽きのこないデザインで、なおかつ普段使いしやすいものを選ぶと良いでしょう。

 結婚指輪の定番と言えばプラチナリング。実に、約8割の方がプラチナ素材のリングを結婚指輪に選ばれるそうです。価格的には少々お高めですが、硬度が高く傷がつきにくい点や金属アレルギーが起こりにくいという点も長い期間愛用する結婚指輪には重要なポイントですね。

 プラチナの次に多く選ばれているのはピンクゴールドです。日本人の肌に馴染む色ですし、ゴールドもまた金属アレルギーが起こりにくい素材です。ただしゴールドの中には硬度を補強するために他の金属が混ぜられている場合もありますので、購入時にしっかり確認しておくと良いでしょう。

 結婚指輪のリング選びで「失敗した」という方の経験からは、大きく分けて2つの原因が考えられます。1つはデザインや予算の面で妥協してしまったこと。もう1つは購入時に付け心地をよく確認しなかったことです。

 デザイン面での失敗では、ものに引っかかりやすいデザインのため普段使いしづらかったことが挙げられています。また予算オーバーのために本当は欲しかったリングを諦めたという方の場合は、結婚後も後々まで「やっぱりあのリングが欲しかった」と後悔の種になっているようです。長い年月にわたって普段使いするものですから、可能な限り最後まで妥協せずに納得できるものを選ぶことをおすすめします。

ティファニーのペアリングが選ばれる理由

TIFFANY&Co.(ティファニー)プラチナリング/ハーモニーダイヤモンドリング
 結婚指輪かどうかはともかく、ペアリングとして選ばれるブランドのランキングでも「ティファニー」は、必ずと言っていい程上位にランクインします。ティファニーは何と言ってもジュエリーブランドとして非常に有名です。ペアリングを選ぶカップルにとっては「王道中の王道」とさえ言われます。

 その理由を2つご紹介いたします。

 1つ目は、圧倒的な信頼と品質です。1837年にニューヨークに店を出したチャールズ・ルイス・ティファニーは、希少なダイヤモンドの買い付けに成功し、その審美眼ゆえに「キング・オブ・ダイヤモンド」と賞賛されました。ダイヤモンドは最高に美しい石しか売らないというティファニーの伝統はここから始まっています。また、ティファニーはアフターケアにも定評があります。

 2つ目は、洗練されたデザインです。女王のティアラのような「エルサ」、クラシックな趣の「ミルグレイン」、シンプルなのにリボンのように愛らしい「ハーモニー」、ティファニーのロゴがさり気ない「ルシダ」、重厚な時の流れを感じさせる「アトラス」…いずれもティファニーのペアリングの人気商品です。あれこれ迷った末に多くの人が行き着くのは、結局時代に淘汰されて生き残った定番ブランドのリングなのかも知れません。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る