買取(査定)したorgan(オルガン)の商品

『organ(オルガン)』は、革製品を作る工房とそれを売る場所が一つになった工房兼ショップです。植物タンニンなめしのイタリアンレザーを使用し、革素材本来の魅力を活かした独自の仕上げが特徴です。時間をかけて丹精に加工することで、使い込むほどに独特の艶が生まれます。使う人の日常に添う道具になるようなシンプルで機能性の高いオルガンの革製品は、多くの根強いファンを魅了し続けます。

organ(オルガン)の買取(査定)商品一覧

  1. organ(オルガン)/セカンドバッグ
    organ(オルガン)のセカンドバッグ
    organ(オルガン)/セカンドバッグ/ブラウン
  2. organ(オルガン)/長財布
    organ(オルガン)/長財布/ブラウン
  3. organ(オルガン)/ネックレス
    organ(オルガン)/ネックレス/シルバー/シルバー
(全35点)   [先頭]    前のページ    1  |  2  

organ(オルガン)の取扱ジャンル

取扱不可ジャンル

アクセサリー 時計 靴 トップス ボトムス その他洋服 その他(小物類)

買取対象外の商品が含まれると査定がスムーズに行われず、査定結果のご連絡が遅れる場合がございます。
お手数ですが、事前にお送りいただく商品が買取可能なジャンルであることのご確認をお願い致します。

このブランドを査定に出した人は、こんなブランドも送っています

英字orかな
取扱ブランドを探す  

organ(オルガン)について

『organ(オルガン)』のレザー

 オルガンで使用されている代表的なレザーは次の6つです。1つ目は、「シボ」と呼ばれる皺と柔らかさが特徴のレザーで、ドライドラムで革をほぐしてシボを作った仕上げの「Minerva Box ミネルバボックス」です。2つ目は、植物タンニンなめし特有の仕上がりが特徴で、透明感や温かみを感じさせるレザー「Minerva Liscio ミネルバリスシオ」です。3つ目は、表面加工せず、キズやムラが多く入っている面を使い、風合いを活かした仕上がりが特徴のレザー「Reverse リバース」です。4つ目は、水を入れたドラムでシボを出し、乾燥させた後「グレージング加工」を施し艶を出したレザー「Eufrate ユーフラテ」です。5つ目は、柔らかく揉んで、シボやシワの不規則さを出した仕上げが特徴のレザー「Holiday ホリデイ」です。そして、6つ目は厚みのある力強さと滑らかで張りのある手触りが特徴の「Dakota ダコタ」です。それぞれの革本来の良さを生かした革製品は、素材によって豊かな表情が生まれ、使い込むことにより独特の風合いをゆっくり味わうことができます。


宅配買取の流れ

流れイラスト