買取(査定)したErmenegildoZegna(ゼニア)の商品

『ErmenegildoZegna』は、1910年にテキスタイルメーカーとして創業され、80年代にはブランドとしても地位を確立します。創業者でもある、エルメネジル・ドゼニア氏はオリジナルの製品以外にも他ブランドのコレクションの製造も手がけ、2009年、新宿にグローバルストアをオープンします。スーツなどの洋服だけでなく、靴や小物なども扱っており、現在はイタリアを代表する高級紳士服ブランドとして世界80カ国以上に店舗を展開しています。

ゼニア(ErmenegildoZegna)は、3,753件の査定実績があります。平均査定金額は1,313円です。
買取で人気のアイテムはシャツやメンズスーツですが、ジャケット/パンツ/セーター/コートなども買い取りを行っております。
買い取りで1番人気のラインはです。

ErmenegildoZegna(ゼニア)の買取(査定)商品一覧

  1. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/カラフル
  2. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/ブルー
  3. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/レッド×ネイビー
  4. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/カラフル
  5. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/淡いブルー×レッド
  6. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/カラフル
  7. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/紫系
  8. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/カラフル
  9. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/ダークグリーン基調
  10. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/ブラック基調
  11. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/カラフル
  12. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/ネイビー基調
  13. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/オレンジ系
  14. ErmenegildoZegna(ゼニア)/スカーフ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/スカーフ/ネイビー
  15. ErmenegildoZegna(ゼニア)/スカーフ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/スカーフ/白
  16. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ハンカチ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ハンカチ/白
  17. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/ブラック基調
  18. ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ
    ErmenegildoZegna(ゼニア)/ネクタイ/イエロー
(全2738点)   [先頭]    前のページ    83  |  84  |  85  |  86  

ErmenegildoZegna(ゼニア)の取扱ジャンル

取扱不可ジャンル

時計

買取対象外の商品が含まれると査定がスムーズに行われず、査定結果のご連絡が遅れる場合がございます。
お手数ですが、事前にお送りいただく商品が買取可能なジャンルであることのご確認をお願い致します。

このブランドを査定に出した人は、こんなブランドも送っています

英字orかな
取扱ブランドを探す  

ErmenegildoZegna(ゼニア)の歴史

 ファミリービジネスとして始まったErmenegildoZegna(ゼニア)は、1910年、イタリアのビエモンテ州の都市「ビエラ」にある小さな町、トリヴェロで工場を創業させました。この地域は、織物工業の中心都市で、ErmenegildoZegna(ゼニア)もスタートを切ったときは、織物や染物を扱うメーカーとして展開していました。30年代になると、品質の高い毛織物を生産するようになります。この行動が、紳士服の生地で名が知れるようになっていきます。80年代には、創業者の孫である「エルメネジルド・ゼニアが既製服服部門の責任者に就任します。就任後、今まで通りの高級衣服生産工場としてではなく、ファッションブランドとしての成長も成し遂げました。他のブランドのコレクションも手掛けていて、「トムフォード」がブランドを立ち上げた時、ErmenegildoZegna(ゼニア)がコレクションを製造しました。2009年に東京、新宿に日本初のグローバルストアがオープンされ、日本でもアイテムが手に入るようになりました。創業開始から、家族で経営を行なってるErmenegildoZegna(ゼニア)は、現在4代目が経営を行なっています。メンズのブランドとして、現在では86か国に555以上の店舗を展開しています。



宅配買取の流れ

流れイラスト