買取(査定)したGUILD(ギルド)の商品

『GUILD(ギルド)』は、1996年に靴職人山口千尋氏によって設立され、東京浅草を中心に活動している、ハンドソーンウェルテッド製法の靴メーカーです。靴以外にも鞄やベルト、財布などの小物も製作しており、1つ1つ丹念に手作業で作り上げることで、機械では表現しきれない、工芸的美しさを醸し出します。機能的であることを追求しており、レザーの魅力を最大限にちりばめたアイテムが揃っています。

GUILD(ギルド)の買取(査定)商品一覧

  1. GUILD(ギルド)/パンプス
    GUILD(ギルド)のパンプス
    GUILD(ギルド)/パンプス/22.0/ライトブラウン×黒
  2. GUILD(ギルド)/ローファー
    GUILD(ギルド)のシューズ
    GUILD(ギルド)/シューズ/7 1/2 /黒
  3. GUILD(ギルド)/ショルダーバッグ
    GUILD(ギルド)のショルダーバッグ
    GUILD(ギルド)/ショルダーバッグ/ブラウン
  4. GUILD(ギルド)/ビジネスバッグ
    GUILD(ギルド)のビジネスバッグ
    GUILD(ギルド)/ビジネスバッグ/ライトブラウン
  5. GUILD(ギルド)/ショートパンツ
    GUILD(ギルド)/パンツ/26/ダークグレー
(全5点)   1  

GUILD(ギルド)の取扱ジャンル

取扱不可ジャンル

財布 アクセサリー 時計 トップス ボトムス その他洋服 その他(小物類)

買取対象外の商品が含まれると査定がスムーズに行われず、査定結果のご連絡が遅れる場合がございます。
お手数ですが、事前にお送りいただく商品が買取可能なジャンルであることのご確認をお願い致します。

このブランドを査定に出した人は、こんなブランドも送っています

英字orかな
取扱ブランドを探す  

山口千尋氏

 靴メーカーGUILD(ギルド)の創立者である山口千尋氏は、靴づくり職人です。1999年に靴専門学校を設立し、後進の育成に力を注いでいます。また、ギルドの商品である靴は、2003年に雑誌Men's EXの「世界靴100選」誌上で、多くの輸入靴を差し置いて第1位、2位を獲得しています。山口氏には、かつて勤めていた靴メーカーの会社を辞めて英国へ渡り、靴職人の仕事を一から学んだという過去があります。その理由は、会社の仕事よりも「靴そのものに興味がでてきてしまった」からだと山口氏は言います。その結果、山口氏自身の「人生と靴の関係は不可分なもの」になったということです。



「手作り」の次元を超えた靴

 山口千尋氏は、1991年にアルプス山中で発見された約5000年前のアイスマンの履いていた毛皮の靴のことを考えるそうです。常に靴づくりの根本に立ち返って「靴とは何か」「靴はどうあるべきか」について考え続けているのでしょう。そんな山口氏の靴は、お客様との対話の中から生まれてくるのだといいます。お客様とのコミュニケーションが最も大切だから「スタイルや、その時々の流行を気にする必要はないのです」と山口氏は言い切ります。彼の作る靴は、単に「手作り」の良さを売りにする靴とは一線を画した「工芸作品」と呼ぶべきなのかも知れません。



宅配買取の流れ

流れイラスト