買取(査定)したMISSONI(ミッソーニ)の商品

ミッソーニ(MISSONI)は、6,162件の査定実績があります。平均査定金額は2,045円です。
買取で人気のアイテムはワンピースやカーディガンですが、スカート/セーター/マフラー/カットソーなども買い取りを行っております。
買い取りで1番人気のラインはです。

MISSONI(ミッソーニ)の参考買取価格

  • ミッソーニ_ワンピース_ニット_黒×ブルー

    ワンピース
    ニット 黒×ブルー
    参考買取価格:~¥12,000

  • ミッソーニ_ワンピース_前開き_ブルー×ブラウン

    ワンピース
    前開き ブルー×ブラウン
    参考買取価格:~¥10,000

  • ミッソーニ_ハンドバッグ_レザー_カーキ

    ハンドバッグ
    レザー カーキ
    参考買取価格:~¥4,700

  • ミッソーニ_ハンドバッグ_化学繊維_ブルー×グレー

    ハンドバッグ
    化学繊維 ブルー×グレー
    参考買取価格:~¥1,800

  • ミッソーニ_パンプス_コットン_ピンク

    パンプス
    コットン ピンク
    参考買取価格:~¥4,700

  • ミッソーニ_フラットシューズ_化学繊維_パープル

    フラットシューズ
    化学繊維 パープル
    参考買取価格:~¥4,100

  • ミッソーニ_ストール_コットン×レーヨン_レッド×ピンク×オレンジ

    ストール
    コットン×レーヨン
    レッド×ピンク×オレンジ
    参考買取価格:~¥3,800

  • ミッソーニ_カーディガン_メンズ ニット グレー

    カーディガン
    メンズ ニット グレー
    参考買取価格:~¥22,000

MISSONI(ミッソーニ)の買取(査定)商品一覧

  1. MISSONI(ミッソーニ)/ポーチ
    MISSONI(ミッソーニ)/ポーチ/マルチ
  2. MISSONI(ミッソーニ)/ポーチ
    MISSONI(ミッソーニ)/ポーチ/マルチ
  3. MISSONI(ミッソーニ)/パスケース
    MISSONI(ミッソーニ)/パスケース/ブラウン
  4. MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ
    MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ/ブラウン
  5. MISSONI(ミッソーニ)/長財布
    MISSONI(ミッソーニ)/長財布/黒
  6. MISSONI(ミッソーニ)/ポーチ
    MISSONI(ミッソーニ)/ポーチ/パープル系
  7. MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ
    MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ/カラフル
  8. MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ
    MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ/マルチ
  9. MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ
    MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ/ブラウン
  10. MISSONI(ミッソーニ)/ポーチ
    MISSONI(ミッソーニ)/ポーチ/パープル
  11. MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ
    MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ/カラフル
  12. MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ
    MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ/ブラウン系
  13. MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ
    MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ/ブラウン
  14. MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ
    MISSONI(ミッソーニ)/ネクタイ/グレー系
(全6670点)   [先頭]    前のページ    206  |  207  |  208  |  209  

MISSONI(ミッソーニ)の取扱ジャンル

取扱不可ジャンル

財布 時計

買取対象外の商品が含まれると査定がスムーズに行われず、査定結果のご連絡が遅れる場合がございます。
お手数ですが、事前にお送りいただく商品が買取可能なジャンルであることのご確認をお願い致します。

このブランドを査定に出した人は、こんなブランドも送っています

英字orかな
取扱ブランドを探す  

MISSONI(ミッソーニ)について

MISSONI(ミッソーニ)の歴史

 『MISSONI(ミッソーニ)』は、1953年にイタリアのオッタヴィオ・ミッソーニとロジータ・ミッソーニ夫妻が設立したブランドです。
夫のオッタヴィオは、陸上競技の選手として、1948年に開かれたロンドンオリンピックに出場しました。その際、イタリアの選手団ユニフォームのデザインを手掛けていたロジータと知り合い、結婚に至りました。結婚した後に二人は、ロジータの祖父が営むニット工場を引き継ぐこととなり、スポーツウェアの生産を始めるようになりました。二人が経営し始めてしばらくの間、ブランド品の売れ行きが良くなかったため、クリスチャーヌ・ベイリー、エマニュエル・カーンのネームテープをつけて販売を行なっていました。その当時は色彩、幾何学模様にこだわった愉快な色の組み合わせのニットが世間で話題となっていました。1966年にイタリア・ミラノにて、ブランド「ミッソリーニ」でコレクションデビューを果たす事となります。さらに1973年には、ニーマン・マーカス賞を見事受賞し、1983年にスカラ座からのオファーにより、初めて舞台衣装を製作しました。これにより、ニットウェアの顧客層は上流階級にまで押し寄せていき、40年にわたる技術改革、少量生産を果たし、幾何学的で色合いが楽しいデザインによるものです。ロジータの直感は、自然の風景や近代絵画です。数多くの種類の色糸を使い、生地、色彩、特徴のある世界を創り出します。


宅配買取の流れ

流れイラスト