バーキンについて

バーキンは、当時既にエルメスで発売されていたオータクロアというバッグをベースにして作られています。
オータクロアを改良して作られたバーキンですが、発売当初からオータクロアの人気を大きく上回りました。

サイズは、手頃に持てる25センチから40センチまであり、素材も定番の牛革から、山羊・オーストリッチ・クロコダイルなど多岐に渡ります。
上記以外にも、バリエーションに富んだ素材・色などが展開されており、オーダーメイドで一から自分好みに作ることも出来ます。

カジュアルでもフォーマルでも合わせやすいバーキンは、生涯使えるバッグと言っても過言ではないでしょう。
容量も抜群で頑丈な造りなので、普段使いにもピッタリです。

バーキンのつくりと特徴

収納力や使い勝手の良さが人気のバーキン。
ハンドルをダブルにすることで、フラップを空けたまま使用しても
型崩れがしにくいよう工夫がされています。

また、クロアを調整することで、
荷物をたくさん収納した際の広がりを防止し、美しいフォルムを保つことが出来ます。

こういった細部にいたるこだわりが、長年にわたり多くの女性に
愛されている理由なのかもしれません。

バーキンのサイズバリエーション

  • バーキン25

    横25cm × 縦20cm × マチ13cm

  • バーキン30

    横30cm × 縦22cm × マチ16cm

  • バーキン35

    横35cm × 縦25cm × マチ18cm

  • バーキン40

    横40cm × 縦30cm × マチ21cm

その他のバーキン

バーキン45 ショルダーバーキン タイニーバーキン キャンディーバーキン ソーブラックバーキン

バーキンとオータクロアとの違い

バーキンの元になったオータクロアは、バーキンに比べ全体的に縦長の作りに
なっているのが特徴です。

また、バーキンはサイズ展開が横幅が5cm毎なのに対して、
オータクロアは横幅がさらに細かい数字でのサイズ展開となっております。

クロアを固定する金具部分にも違いがあります。
画像の丸で囲んだ部分にL字型の金具を使っているのがバーキン、
コの字型の金具を使っているのがオータクロアになります。

TOPへ戻る