ペンケースの買取

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)、GUCCI(グッチ)、PRADA(プラダ)、などのトップブランドから Felisi(フェリージ)、ANTEPRIMA(アンテプリマ)、Ne-net(ネネット)、Samantha Thavasa(サマンサタバサ)、OROBIANCO(オロビアンコ)、Kate spade(ケイトスペード)まで幅広くペンケースを買取いたします。

ペンケース買取価格の実績

ペンケースについて

ペンケースとは

 ペンケースとは、鉛筆やシャープペンシル、消しゴム、定規など、よく使用する文房具類を収めるケースのことを言い、日本では筆入れや筆箱とも言われています。ペンケースに使用される素材は、布製、プラスチック製、革製、ステンレス製など種類が豊富です。形状は、革製や布製であればペンをベルトに刺してくるくるとまるめるタイプのもの、四角い形状でジッパーがついているもの、プラスチックやステンレスのペンケースであれば、直方体や楕円形をしているものなど、素材の特徴を生かした個性的なものが多くあります。布製のものは横に長い財布のような構造で入れ口はファスナーで開閉するものがあります。大きさも様々で、2,3本しか入らないスマートなものから、三角定規などの大きなものまで収納できる大きいタイプまであります。


買取実績のあるブランド

 ブランドもののペンケースは小さなアイテムであるため、シンプルなアイテムだけでなく総柄のものでも好まれる傾向にあります。ペンケース全体にロゴのマークが入ったアイテムが多いルイヴィトンやグッチのペンケースは、ハイブランドの中でも人気の高い商品です。また、シンプルな中にワンポイントロゴマークが加えられたデザインが人気のプラダやグッチ、年齢層問わず女性に人気のアンテプリマ、若い女性へのプレゼントとしても人気の高いサマンサタバサなども取り扱っています。男性への小物を中心に人気のオロビアンコやフェリージの取り扱いも多く、OLさんや女子大生などにも人気の高いケイトスペードや、個性あふれるネネットのペンケースなども取り扱い実績があります。


ペンケースの査定額アップのポイント

 ペンケースを査定に出す際は、必ず簡単にお掃除をすることがポイントです。文房具を収納するペンケースは、消しゴムのカスや、ペン先についたホコリなどがたまりやすい傾向があります。特にペンを入れる部分が袋状になっているものは、奥に汚れが溜まっていることがあります。細いピンなどで汚れを取り除き、洗える素材であれば軽く浸け置きしても良いでしょう。革製品は浸け置きあらいをせず、専用のクリーナーで表面を優しく拭き取り、帆布素材で細かい目にホコリが入り込んでいるような場合は、柔らかめのブラシでブラッシングすると良いでしょう。また、ペンケースは肌身離さず持ち歩くことが多く、タバコや香水を常備している方であれば、ペンケースに匂いがついてしまっていることがあります。風通しの良いところに1日以上干しておき、防臭剤などをふりかけると査定額アップにつながります。

取扱ブランド

ブランド名で探す

英字orかな
取扱ブランドを探す  

その他のジャンル