小銭入れの買取

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)、HERMES(エルメス)、CHANEL(シャネル)、COACH(コーチ)などのトップブランドから JIMMY CHOO(ジミーチュウ)、BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)、miumiu(ミュウミュウ)、Burberry(バーバリー)、Kate spade(ケイトスペード)まで幅広く小銭入れを買取いたします。

小銭入れ買取価格の実績

季節外の品物でも、年間を通してシーズン中と同様の適正価格で買取致します。

更新日:2017年06月01日

小銭入れについて

小銭入れとは

 小銭入れは別名「コインケース」とも呼ばれているコインを入れるためのお財布です。コインと言うと、外国のお金をイメージする人も多いかと思われますが、日本国内で流通している1円硬貨を初め、5円硬貨、10円硬貨、100円硬貨、そして500円硬貨と言った硬貨類の事を意味しています。小銭入れはシンプルなガマ口タイプやジッパータイプが主流ですが、近年ではキーケースの機能を持たせたものや、キーホルダーのような金具が付いたタイプ、パスケースやカード入れがあるデザインなど、他の機能を併せ持つタイプも少なくありません。 素材もビジネスシーンにも合うレザー、丈夫で軽いナイロン、音が響きにくいラバータイプなど様々です。


買取実績のあるブランド

 小銭入れの買取り実績の中にはルイヴィトンやエルメス、シャネルと言った世界的にも有名なブランドのコインケースなどがあります。例えば、女性からの人気を集めているルイヴィトンブランドの中にはスタイリッシュでコンパクトなコインケースのポルトフォイユ・コンパクト モノグラム・エトワールがあります。このコインケースはモノグラム・キャンバス素材にキルティング加工を施した製品で、ラグジュリーなデザインに注目を集めています。ポルトフォイユ・コンパクト モノグラム・エトワールはデザイン性だけではなく、収納ポケットが多くあるので、収納力ある小銭入れが欲しいと言う人からの人気があります。他にも、ボッテガヴェネタの127940やコーチの52431、ミュウミュウの5N1890など、有名ブランドのコインケースの買取実績があります。


小銭入れの査定額アップのポイント

 コインケースはポケットの中などに入れていると、出し入れする時に摩擦などにより、擦り切れやすくなり、外観にダメージが生じてしまう事もあるので、可能な限りバッグの中に入れて持ち歩くのが状態を維持するコツです。長年使い続けていると、コインケースの型崩れが生じる事もありますし、生地の擦れ、お財布の中に入れてある小銭により、黒ずみが生じてしまう事もあるので注意が必要です。多少の傷や汚れが生じていると、買取り価格にも影響を及ぼしてしまうので、日頃からコインケースのメンテナンスやお手入れは大切です。コインケースを売る時には、小銭を取り出すだけではなく、掃除機を利用するなどしてコインケース内部の掃除もしておきましょう。皮製のコインケースなどの場合は、柔らかい布を使って拭き取るようにし、汚れがひどい場合は、皮製専用クリーナーを使って綺麗にしておくのが評価を高くするコツです。

取扱ブランド

ブランド名で探す

英字orかな
取扱ブランドを探す  

その他のジャンル