ローファーの買取

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)、HERMES(エルメス)、COACH(コーチ)、CHANEL(シャネル)、GUCCI(グッチ)などのトップブランドから BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)、SalvatoreFerragamo(サルバトーレフェラガモ)、REGAL(リーガル)、MORESCHI(モレスキー)まで幅広いブランドのローファーを買取いたします。

ローファー買取価格の実績

ローファーについて

ローファーとは

 ローファーは革靴の一種で、靴紐の無い気楽に脱着できる靴として人気があります。その機能性から室内履きの靴として普及し始めました。ローファーの起源は複数説があり、ロンドンのオーダーメイド靴店「ワイルドスミス」が王室用の室内履きとして1926年に作成した説と、1930年頃にノルウエーの靴職人、Nils Tverangerがアメリカで靴作りの技術を学び、ノルウエー帰国後に母国のオーランド地方伝統のモカシンをモデルにした「オーランドモカシン」と言う靴を作製したのが始まりと言う説の二つがあります。世界中に拡がったのが、1950年代から1960年頃からでヨーロッパで造られたローファーがアメリカでアイビーリーグの大学の寮生の室内靴として人気が高まり、彼等が卒業後もそのまま使われ、拡がってきました。

買取実績のあるブランド

 ローファーとして人気の高いブランドとしてはルイヴィトンが挙げれます。ルイヴィトンはメンズレディースと性別年齢層も幅広いファッションブランドです。靴に関してもスニーカーからビジネスシューズまでと幅広く、ローファーはスタンダードな物で、多用途に使えるワックスカーフを使用して、ロゴをゴールドでワンポイントに使ってシンプルで上品に仕上げています。エルメスのローファーも人気の高い商品です。馬具工房メーカーとして始まったこのブランドは革製品に実績があります。靴に関しても同様で、高品質な皮革を使い、デザインはシンプルなデザインが殆どで皮革製品を知り尽くした職人が作った製法には定評があります。甲のベルト部分にさり気無くエルメスの『H』がゴールドの金具で装飾されており、流行に左右されないデザインで長く使用できます。

ローファーの査定額アップのポイント

 ローファー高価買取のポイント査定額アップのコツは先ず綺麗である事です。表面の革の汚れが酷い場合は靴専用のステインリムーバーが汚れを綺麗に落とせます。皮革製品は湿気が苦手なので、皮革を綺麗な状態に保つ為には風通しの良い室内で汚れを取った後に靴クリームで手入れして、シューキーパーを入れて保管する様にします。爪先周辺のキズ、靴底の一層目と踵の一層目のキズの有無も重要なので出来るだけキズ防止に努め、その周辺の減りも気をつけて下さい。色は出来るだけ黒、茶系の定番色の色が人気となります。最後に重要なのがブランドです。人気ブランドや靴専門メーカー、専門メーカーなどの製品は使われている皮革も高品質な物が多く、年数が経っても革が変質する事が少なく、靴底の縫製もしっかりしている製品が多く、高価買取価格で査定されます。

取扱ブランド

ブランド名で探す

英字orかな
取扱ブランドを探す  

その他のジャンル