ドライビングシューズの買取

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)、GUCCI(グッチ)、PRADA(プラダ)、BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)、 DOLCE&GABBANA(ドルチェアンドガッバーナ)、EMPORIOARMANI(エンポリオアルマーニ)、SalvatoreFerragamo(サルバトーレフェラガモ)、REGAL(リーガル)など幅広いブランドのドライビングシューズを買取いたします。

ドライビングシューズ買取価格の実績

季節外の品物でも、年間を通してシーズン中と同様の適正価格で買取致します。

更新日:2017年01月01日

ドライビングシューズについて

ドライビングシューズとは

 ドライビングシューズとは、靴底がラバー製であるか、または無数のラバー細かなラバーが埋め込まれ、ヒールにそって反りあがるように配置されているシューズのことをいいます。ネーミングの通り、もともとは運転時の足元をしっかりカバーできるようにと考えられた靴であり、ソール部分にゴムを埋め込むことで運転時でも靴底が滑らずに、アクセルやブレーキを踏む靴が安定する構造になっています。また、ヒール部分もゴムにすることでペダリングによるかかとのすり減りを防止します。ドライビングシューズの最大の魅力は、その実用性のある履き心地の良さにあり、運転時だけでなく歩きやすさにも定評があります。また、機能面の良さがありながら全体を覆うレザーがエレガントさをかもしだし、見た目も美しいです。

ドライビングシューズの査定額アップのポイント

 ドライビングシューズに限らず、すべての中古商品の査定額のアップのポイントは、できるだけ傷がないことや新しいものであること、使用頻度が少ないこと、購入時の箱などの付属品がそろっていることなどがあります。ドライビングシューズは、ラバー製品であるので、表面に傷がつきやすくまた、足元のアイテムでもあるので、傷みやすいものでもあります。小さな傷や色落ち、しみなどはある程度は減額で済みますがひどいものになると買取不可にもなるので、将来的に売りに出すことを前提としている場合はこまめに手入れをして使用すると査定アップにつながります。また、ドラインビングシューズはその使用方法の基本として素足で履くことが基本です。しかし、湿気の多い日本で素足で活用すると蒸れて臭いがついてしまうこともあるので、使用するときはフットカバーやアンクルソックスを使用するか、ベビーパウダーをこまめに使う、こまめに換気するなどすると臭いが付きにくくなります。

取扱ブランド

ブランド名で探す

英字orかな
取扱ブランドを探す  

その他のジャンル