次の恋がうまくいきますように。
失恋BOX思い出お焚き上げレポート

失恋BOX思い出お焚き上げレポート

ブランディアが4月20日を「失恋の日」と制定してから1年が経ちます。
過去のつらい失恋や未練から断ち切るべく、多くの女性が失恋BOXに思い出を詰めて送ってくれました。
今日はみなさんのそんな大切な思い出たちを良縁の神さまで知られる神社でお焚き上げさせて頂きました。
せっかくならイケメン神主にお願いしたい!
ということでやってきたのは埼玉県朝霞市にある宮戸神社です。
みなさまの次の恋が幸せでありますように。
お焚き上げの様子を広報担当がレポートさせて頂きます!
失恋ボックスとは?

失恋BOX

お焚き上げをお願いした神社

宮戸神社

宮戸神社

  • アクセス埼玉県朝霞市宮戸4−3−1
  • TEL048-471-3401
  • Facebook

この日近くの秋ケ瀬公園や荒川の河川敷で桜が満開に咲き、見頃を迎えていました。
お焚き上げをお願いしたのは埼玉県は朝霞市にある「宮戸神社」。
ここは古くより「熊野神社」と呼ばれ、宮戸地区の氏神様として信仰されてきました。
御神恵は家内安全・良縁成就・商売繁盛。
縁結びのご利益があるということでお願いすることに。

神主 高橋陽一さん

神主 高橋陽一さん

せっかくお焚き上げをお願いするならイケメン神主さんに、ということでお願いしました。
とってもダンディで笑顔がさわやか。
これはきっと思い出の品々をしっかり供養してくださることでしょう。
「みなさんの次の恋へ踏み出すお手伝いができれば。」 ご協力ありがとうございます。
高橋さんが更新するブログはこちら

皆様からお送り頂いた思い出

  • アルバム
  • 日記
  • 手紙
  • ぬいぐるみ
  • オルゴール
  • 携帯電話

お焚き上げレポート

  1. 本殿

    本殿はとても神聖な場所です。
    神様にご祈祷ををする前にお祓いをして清めてもらいます。

  2. ご祈祷(きとう)

    「楽」(がく)を演奏

    ご祈祷(きとう)を行います。
    神様にお供え物を捧げる儀式として、
    「楽」(がく)を演奏します。
    本日のお焚き上げが無事行えますように。
    たくさん詰まった思い出たちがしっかり成仏しますように。
    みなさんに代わり、心を込めてお祈りしてきました。

  3. 玉串奉奠(たまぐしほうてん)

    榊(さかき)

    玉串奉奠(たまぐしほうてん)。
    宮戸神社に生えている「榊(さかき)」と呼ばれる
    神聖な木の葉を使って行います。
    この「榊」は神が住まう聖域と人間社会との
    堺を示す木=「堺木(さかいき)」に由来する
    と言われています。

  4. お炊き上げ1

    お炊き上げ2

    キレイな桜の木の下でお焚き上げしてもらいました。
    真心を込めて、過去の思い出にありがとうとさようなら。

神主さんのコメント

神主さんのコメント

日本神話において最初の男女神は
イザナギノミコト、イザナミノミコトです。
しかし、イザナミノミコトは火の神様(カグツチ)を産んだ事により死んでしまいます。
死別という形ですが、失恋をしてしまいます。
どうしてもイザナミに会いたいイザナギは死者の国までイザナミを追って行きますが、
そこは生前のイザナミとは見た目も魂も似ても似つかない存在となっておりました。
人は失恋をした後、未練にかられて昔の恋人の幻影を追って しまいがちですが、別れてしまった以上、共有していた魂が離れ、 価値観が大きく変わってしまいます。
過去に囚われず、新たに自分の魂を磨き、
綺麗な心で次の恋愛に臨む事が大事です。
皆様の良縁を心よりお祈り申し上げます。

みなさんの次の恋が幸せなものでありますように