映画「ルームメイト」タイアップキャンペーン

消えるのは貴女―― 美しいほどに恐ろしい戦慄の物語が始まる!!

映画「ルームメイト」

派遣社員として働いている23歳の萩尾春海(北川景子)は、ある日交通事故に遭ってしまう。命に別状はなかったものの頭を強く打ち、片足を骨折、しばらく入院することに。そんな春海を気遣い優しく支えてくれたのは、看護師の西村麗子(深田恭子)だった。
春海と麗子。患者と看護師として病院で初めて会った2人だったが、なぜか互いに親近感を覚え意気投合。春海の退院をきっかけに麗子はルームシェアを提案し、一緒に暮らしはじめる。また、面倒見のいい麗子は春海に代わって事故を起こした加害者の工藤謙介(高良健吾)と彼の友人で保険会社の長谷川伸一(尾上寛之)との交渉も引き受ける。

そんな優しい麗子に春海はすっかり心を許すのだった。「麗子みたいな人だったら、ずっと一緒にいたい」「私もだよ、春海」と、2人の共同生活は順調にみえた。麗子の奇妙な言動を目にしてしまうまでは──。

映画「ルームメイト」

キャスト、監督紹介

日本映画界をリードする北川景子と深田恭子の初共演となる映画『ルームメイト』恐怖心と猜疑心にとらわれてしまう主人公・萩尾春海を演じるのは、映画『パラダイス・キス』『謎解きはディナーのあとで』などの数々の作品に出演する北川景子。そして、春海のルームメイト・西村麗子を演じるのは、ドラマ「名もなき毒」から映画『下妻物語』『ヤッターマン』まで幅広い役をこなす演技派女優、深田恭子。2人の女優の美しい微笑みが恐怖の微笑みに変わるその瞬間、観客の背筋は凍り付く!

そして今回、30万部を超えるベストセラーとなった原案『ルームメイト』の映画化にあたり、メガホンを執る古澤健監督は、2004年『ロスト☆マイウェイ』で映画監督デビュー。主な監督作品に、『オトシモノ』(06)『making of LOVE』(10)『Another アナザー』(11)『今日、恋をはじめます』(12)を手がけるなど近年、注目を集めている人物。