セイコーの電波ソーラー技術

Brandear

セイコーの電波ソーラー技術

クオーツ時計が誕生してから、時計の正確性は格段に向上しました。しかし、それが独立した存在である限り、使用しているうちに誤差が発生してしまうということは避けられません。そんな中、SEIKO(セイコー)はGPSを利用して、狂わず、さらにソーラーシステムにより止まらない腕時計を開発しました。

本質のための、技術

SEIKO(セイコー)電波ソーラー時計/スピリット
 時計本来の存在意義は「正確な時を知らせる」ことだと私は思います。そしてそれを実現する全てが、このセイコーの電波ソーラー腕時計には備わっていると言えるでしょう。 不具合の起きにくい駆動領域やそれを支える構造物の質の高さはもちろんながら、僅かな光でもエネルギーに変換する太陽光発電システムと、GPSからの電波によって狂うことなく針を進める機能は非常に頼もしい存在です。

 実はセイコーの電波ソーラー時計が発表される少し前には、電波受信システムによる時刻修正機能のある腕時計は誕生していました。しかしその受信システムが受け取るのは、日本国内にある電波時計からの信号のみでした。これでは例えば遠く海外へ出かけた際に機能しません。

 その反面セイコーの電波ソーラー腕時計の受信するGPS信号は、エリアを限定しません。なぜなら、はるか上空を周る幾つもの人工衛星が情報発信源だからです。これらの機能によって、いる場所に関わらずいつまでも正確な時を刻み続けることができるのです。

本質を突き詰め、時代の流れに乗る「アストロン」

SEIKO(セイコー)電波ソーラー時計/アストロン
 全てにおいてスピード感が求められる現代社会にあっては、もう少し踏み込んだ考えが必要だと思います。それは「着ける人の時間を奪わないこと」です。

 忙しい現代ビジネスマンには、腕時計の電池交換など時間の無駄でしかありません。さらに、タイトなタイムスケジュールの中での時計の狂いは許されるものではありません。

 そういった意味で、止まらない・狂わない電波ソーラーウォッチ、SEIKO(セイコー)GPSソーラーウォッチ「アストロン」の性能は次代のニーズが生み出した傑作なのではないでしょうか。

 世界24エリアのタイムゾーンに適応したデュアルタイム表示機能や、GPS衛星電波受信によるタイムゾーン修正機能が搭載されたハイスペックモデルも多数発表されており、まさに世界を股にかけて働く現代のビジネスマンのための逸品と言えそうです。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る