『ルイヴィトン×シュプリーム』夢のコラボが実現!?

Brandear

LOUIS VUITON(ルイヴィトン)

2017年1月19日、世界中に衝撃が走ります。パリ・メンズ・コレクションにてLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)17-18AWのランウェイで発表されたのは、ストリートブランドSupreme(シュプリーム)とのコラボアイテムの数々でした。

ルイヴィトン×シュプリームコラボ実現の背景

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)トートバッグ/モノグラムライン
 ルイヴィトンからの公式な発表以前にはSNSなどを中心にリーク写真が出回っていました。正直「またか」と思う程度で、こう感じていたのは恐らく私だけではなかったはずです。確かにこれまでも各々コラボレーションは行ってきていますが、誰もが予想していなかった意外過ぎる組み合わせでした。そして、今回の実現までに至った背景にはある事実が隠されていたのです。

 実は、ルイヴィトンのデザイナー「キム・ジョーンズ氏」は学生時代にシュプリームの倉庫で商品管理のアルバイトをしていたことがあるそうです。そういう縁もあり、当時からシュプリームの内部を知る彼は、「いつかルイヴィトンのモノグラムとシュプリームのグラフィティを組み合わせたポップアートのようなコレクションを作りたい」と思っていたそうです

 今回のコラボレーションはルイヴィトンサイドからの提案だったんですね。発売予定は2017年7月の予定です。今後の動向にも目が離せませんね。

シュプリームについて

Supreme(シュプリーム)キャップ
 シュプリームは、1994年、ニューヨークのラファイエット通りに「ジェームス・ジェビア」が設立したスケーターブランドです。1990年代後半のスケーターブームにも貢献しています。有名アーティストなどが好んで着用していたことがキッカケで、スケーターやストリートカルチャーに根ざした若者達の間ですぐに人気が高まっていきました。

 このように設立当初から人気のあるブランドではありましたが、現在の人気の高まりは“異常”とも言えるかもしれません。少数生産のため、人気商品の発売時には、一週間前から行列ができ、オンラインでの発売時には一瞬で売り切れになる場合がほとんどです。

 まさに戦いが毎週のように行われているのです。それ故に転売されることが多くあり、商品によっては定価の10倍以上で取引されているものもあります。人々をここまで惹きつける魅力はデザインだけでなく、ストリートブランドならではの強いメッセージ性が商品に込められていることが大きいのだと思います。

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る