MCM再熱!女性社長の情熱的なドラマストーリー

Brandear

MCM(エムシーエム)再熱のドラマストーリー

90年代に10~20代の女の子の間で一躍ブームとなったブランドMCM。このブランドがいま再び注目されているようです。
今日はMCM再熱に活躍したある女性社長のドラマに迫ります!

MCM再熱の裏側!女性社長 キムソンジュ

MCM(エムシーエム)のハンドバッグ
今でこそ韓国のブランドというイメージがあるMCMですが、元々はドイツ発祥のファッションブランドだったというのをご存知ですか?
韓国企業の女性社長が買収し今に至っているんです。
女性社長の名はキムソンジュ。
彼女はブルーミングデール(ファッショントレンドをリードするアメリカの代表デパート)で働くことでファッションの
専門家となり、GUCCIやYves Saint Laurentなど高級ブランドとディーラー契約を結ぶことに成功します。
そのブランドの1つがMCMだったのです。

メディアを味方につけ見事MCM再熱へ

97年のアジア通貨危機を機に業績は悪化、せっかく育てたブランドを手放していくしかなくなりました。
それでも最後まで彼女が守り続けたのがMCMだったのです。その情熱が功を奏し、キム会長はついにMCM本社を買収しました。
買収当時は東洋人の就任にドイツ人から反感もあったようですが、キム会長は意志を貫き通してMCMを改革。
結果、アメリカやヨーロッパなど、全地域の売上が上昇、メディアは”ドイツの人ができない事を韓国の女性が成し遂げた”と評判になり、
キム会長は、女性の成功者として脚光を浴びるようになったのです。

再熱の裏側には1人の女性の情熱的なドラマがあったんですね。
再人気が出てきてからその勢いは止まりません!

日本初MCM直営店がオープン!!

2014年4月には日本初のMCM直営店が銀座にオープンしました。
6月から7月中旬までの1ヶ月間はMCMからワールドカップを記念した限定コレクション「ミュンヘン キュート モンスターズ(Munchen Cute Monsters)」
販売開始しました。バックパックやポーチには定番のモノグラム柄に可愛らしいワールドカップのキャラクターが描かれています。

人気が再熱してから、ブランディアでの買取金額の相場も上がっています♪

無料査定のお申し込み

はじめてのご利用
2回目以降のご利用

TOPへ戻る