ネクタイの買取

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)、HERMES(エルメス)、CHANEL(シャネル)などのトップブランドから、BVLGARI(ブルガリ)、SalvatoreFerragamo(サルバトーレフェラガモ)、EMILIO PUCCI(エミリオプッチ)、RalphLauren(ラルフローレン)、dunhill(ダンヒル)、Burberry(バーバリー)、MISSONI(ミッソーニ)まで幅広くネクタイを買取いたします。

ネクタイ買取価格の実績

ネクタイについて

ネクタイ(necktie)とは、男性の洋装で、首の周りに装飾として巻く布のことです。多くの場合ワイシャツの襟の下を通し、喉の前で結び目を作って体の前に垂らします。「necktie」 は米語で「tie」 は英語とされており、日本語でも「ネクタイ」という語が使われていますが、他の言語では 「クラバット」が主流です。17世紀後半、ローマ兵士たちが防寒のために首に巻いたウールの布-がルーツです。「フォーカル」と呼ばれたこの布は妻や恋人たちが戦地へ向かう兵士たちの無事を祈って贈った大切なお守りでした。そして、襟元の装飾品としてネクタイの原形ともいえる「クラバット」が、当時のフランス国王ルイ14世によって大流行しました。19世紀、ファッションの主流はフランス国からイギリス国へと移行し、ロンドンファッションの軽快さに合わせてクラバットの結び方もシンプルになり、ネクタイという言葉が使われだしました。1890年代、現代のネクタイである「四頭立て」という意味の「フォア・イン・ハンド・タイ」が登場しました。馬車の御者が手綱さばきに便利なよう考え出した結び方といわれ、そのシンプルさと結びやすさでネック・ウェアーの主流となり、100年も経た今もなお受け継がれています。18世紀半ば、ジョン万次郎の帰国とともに日本に渡来したと言われています。国産第一号は、明治17年帽子商・小山梅吉が手がけた蝶ネクタイです。

取扱ブランド

ブランド名で探す

英字orかな
取扱ブランドを探す  

その他のジャンル

アイテムについて