マフラーの買取

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)、HERMES(エルメス)、CHANEL(シャネル)、GUCCI(グッチ)などのトップブランドから、PRADA(プラダ)、Burberry(バーバリー)、Chloe(クロエ)、RalphLauren(ラルフローレン)、FENDI(フェンディ)、MISSONI(ミッソーニ)まで幅広くマフラーを買取いたします。

マフラー買取価格の実績

マフラーについて

マフラーとは

 マフラーとは防寒着の一種で、厚手の布で首に巻くことを目的としたもののこととなり、首巻きや襟巻き、海外ではスカーフなどと呼ぶこともあります。 現代においては防寒着として子供から大人まで幅広い層で使用されているものですが、元々は軍服の一部として使用されていた飾緒から広がったと言われています。また、昔のマフラーは防寒や防風以外にも砂よけの目的でも使われていました。そして、顔や頭に巻いて使っていたものが、今度は首を包んだ使い方としてヨーロッパに伝わりました。15世紀に、女性が顔の下部を覆った四角の白布をマフラーと呼びました。近世になると、マフラーは男子のクラバット (ネクタイ)にもなり、フランス革命期には黒い布であごから首をすっぽりと覆い巻きつけました。日本では長い間、「襟巻」と呼ばれていました。古くから首や肩の保護には、ずきんが用いられたり、ふろしき、手ぬぐいで覆ったりしていました。明治に入り西欧から肩掛け (ショール) がもたらされ、1873年には、毛皮の襟巻が売られました。 マフラーに使用されている素材は様々ですが、防寒性に富んだものが使用されるのでウールや綿、毛糸、毛皮などを編んで作られているものが主流です。 日本でもマフラーという呼び方は最近になってからのものですが、江戸時代から襟巻きは使用されていて隠居老人が主な使用者で病人も使用していたことがわかっています。 マフラーはデザインはもちろん、巻き方にも流行が時折発生するように、単純な形でもアレンジが豊富なアイテムです。


買取実績のあるブランド

 マフラーで買取実績のあるブランドですが、代表的なトップブランドとしてはまずHERMESが挙げられます。特にムートンのマフラーはとても人気があり高価なので買取需要も高く実績が高いです。比較的手頃な価格帯のカシミヤ製のマフラーなどもよく買取が行われている商品です。 LOUISVUITTONも同様に人気の高いトップブランドの一つです。LOUIS VUITTONにおいては、ミンクやラビットなどといった毛皮のマフラーの人気が高くなっています。もちろんシルクやウールなどの商品も人気は高いですが、高額買取実績は圧倒的に毛皮の商品になるでしょう。 マフラーは冬の時期は日常的に使用されるアイテムになりますので、カジュアルブランドの商品もよく買取されています。 BurberryやRalphLaurenの手頃な価格帯のものは老若男女問わず人気で買取実績も豊富です。


取扱ブランド

ブランド名で探す

英字orかな
取扱ブランドを探す  

その他のジャンル