携帯ケースの買取

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)、CHANEL(シャネル) 、GUCCI(グッチ)などのトップブランドから、COACH(コーチ)、PRADA(プラダ)、 miumiu(ミュウミュウ)、HEADPORTER(ヘッドポーター) 、MARC JACOBS(マークジェイコブス)、COLE HAAN(コールハーン)まで幅広く携帯ケースを買取いたします。

携帯ケース買取価格の実績

季節外の品物でも、年間を通してシーズン中と同様の適正価格で買取致します。

更新日:2017年02月01日

携帯ケースについて

携帯ケースとは

 携帯ケースとは携帯電話を入れるためのケースで、携帯電話を衝撃から保護したり傷がつくのを防いでくれる効果があるアイテムになります。 携帯ケースは「首から提げるストラップタイプ」「ベルトにつけるウエストポーチタイプ」「収納できるパッケージングタイプ」、スマートフォンにおいては「手帳タイプやバンパータイプ」など様々な種類のものが各メーカーから発売されています。デザインや素材においても「キャラクター」「ファー」「インディゴ」「正絹」「ニット編」「本皮製」「高級本革」「グローブ革素材」「牛革」「ソフトケース」「鹿皮製」「古布」「紬」「和風縮緬」「ハワイアン」など様々です。ガラケーなどとも呼ばれるフィーチャーフォンでも携帯ケースを使用する方は女性を中心に少なからずいましたが、スマートフォン全盛時代においては男女問わず携帯ケースを付けているのが当たり前に近くなっています。


買取実績のあるブランド

 買取実績のあるブランドとしては、まずLOUIS VUITTONが挙げられます。LOUIS VUITTONにおいてはiPhoneケースが各種発売されていて、iPhoneの最新モデルが発売されるとそれに合わせたケースが発売されます。手帳タイプのものが多く薄型でも強度があるので人気が高いです。CHANELなども人気で、シャネルは機種に合わせた商品ではなく小さなバッグの様なデザインのものが多いです。他にも、PRADAやGUCCI、COACHなども発売しており中古流通も活発です。


携帯ケースの査定額アップのポイント

 携帯ケースの査定額アップのポイントですが、ブランド物であれば付属品が揃っているかどうかは査定に大きく関わってきます。箱などの付属品もあるのであれば、一緒に査定してもらうことで査定額アップの期待が持てるでしょう。また、携帯ケースの性質上汚れや傷などが付きやすいので、使用中に付いてしまった傷は仕方ないにしても汚れは査定して貰う前にキレイにしておくことが必要になります。掃除と言っても難しいことではなく、汚れなどがあったら柔らかい布で拭き取ったりするだけでもだいぶ違います。携帯ケース本体の本格的な掃除は携帯ケースに使用されている素材などによって方法は異なります。特にブランド物になると高級本皮が使用されていることもありますので取扱には注意です。素材によっては濡らしたりしてはいけないものもありますので、不安な場合は柔らかい布で拭くだけにしておいたほうが無難です。

取扱ブランド

ブランド名で探す

英字orかな
取扱ブランドを探す  

その他のジャンル