チャームの買取

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)、HERMES(エルメス)、Cartier(カルティエ)、TIFFANY&Co.(ティファニー)、SWAROVSKI(スワロフスキー)、Chloe(クロエ)、ANNA SUI(アナスイ)、ChristianDior(クリスチャンディオール)、4℃(ヨンドシー)など幅広いブランドのチャームを買取いたします。

チャーム買取価格の実績

季節外の品物でも、年間を通してシーズン中と同様の適正価格で買取致します。

更新日:2017年04月01日

チャームについて

チャームとは

 チャームとは主に錫やシルバーなどの金属で作られた小指の先ほどの小さなアクセサリーのことで、チャーム本体で使用するというものではなくキーホルダーやブレスレット、ペンダントトップの飾りとして使用するものになります。 一般には錫製(すず)ですが、銀製のものもあります。チャームは現在ではアクセサリーの一種というイメージが強く、現代ではブレスレットなどの装飾品の鎖部分につけられたり、キーホルダーやペンダントトップとして用いられたりしますが、本来はお守りや魔除けを意味するものでした。シルバーチャームは幸運を招くと言われており、今でも欧米などでは幸運を引き寄せると言われているシルバーのチャームを、花嫁や生まれたばかりの赤ちゃんが身に着ける習慣があります。チャームには数多くの形があり、それぞれに意味を含ませてお守りとして使われます。チャームはハンドメイドされることもありますし、商品としても手頃な価格帯のものから、ハイブランドの高価なものまで非常に幅が広くなっています。


買取実績のあるブランド

 チャームの買取実績として代表的なものとしては、HERMESのチャームがあります。デザインは色々とあるのですが、HERMESは元々馬具工房だったことから馬をデザインしたものや馬の蹄鉄をデザインしたものなどがあり、金属製のものもありますがレザー製のものも多くポップな印象の商品も多くなっていて女性に人気が高く、多くの買取をしています。またLOUIS VUITTONなども査定の多いブランドで、ポンポンなど遊び心のあるデザインのものがあります。チャームは高額ブランドだけではなく、ANNA SUIや4℃などといった若い方でも手に取りやすい価格帯の商品でも買取を行っています。


チャームの査定額アップのポイント

 チャームの査定額アップのポイントですが、まず箱などの付属品の有無を確認しましょう。これらがある物については、付属品がきちんと揃っていると同じチャームであっても査定額アップに繋がります。そして、小さい小物ではありますが出来る限りの掃除などのメンテナンスをしてあげることが大切です。使用後に柔らかい布などで拭いて手入れをし、査定前にもお手入れしてあげることで査定時の評価が高まります。使用されている素材によるのですが、チャームの代表的な素材であるシルバーは黒ずんでしまって輝きが失われてしまっていることも少なくありません。その場合、シルバー製品専用の黒ずみを除去するクリーナーが販売されているので、それを使用して磨いてあげましょう。その他の素材も、素材の性質に合わせてコンディションを整えておきましょう。

取扱ブランド

ブランド名で探す

英字orかな
取扱ブランドを探す  

その他のジャンル